気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:NGT48



    (出典 48ers.info)


    いっそ解散した方が良いよねコレ
    (★`・ω・)ゞラジャ

    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/06(木) 04:00:35.37

    ◆ NGT48、活動辞退が続きそう? メンバーの悲惨な状況

    先月グループを卒業した山口真帆が被害を受けた暴行事件の騒動がいまだに収束していないアイドルグループ・NGT48で、研究生の山崎美里衣が活動を辞退することが4日、同グループの公式サイトで発表された。

     公式サイトでは、山崎からの活動辞退の申し入れを受けたことを報告。山崎は「嬉しいご報告ではなく申し訳ありません」と謝罪し、「ファンの皆様と一緒に楽しめる握手会、公演、イベントが本当に本当に大好きでした。勇気をくれて、支えてくれて、一緒に夢のような日々を送ってくださったこと、心から感謝しています」とファンに感謝。

     活動辞退の理由を「この先もみんなと一緒に笑い続けていたい気持ちもありましたが、自分の将来について考え、家族と話し合った結果、別の道を歩もうと決意しました」と明かした。

     山崎は昨年6月、劇場公演で2期生としてお披露目され、同11月に劇場公演デビューしていた。

     「現状では劇場公演は開催できない状態で、レギュラー番組などを持っていないメンバーたちはレッスンぐらいしかやることがない。おそらく、グループ入りした時に描いていた理想とはかけ離れた状態。このままだと、今後も山崎と同じように、将来のことを真剣に考えて、グループの活動を辞退するメンバーが出てきてもおかしくない」(芸能記者)

     NGT48劇場の早川麻依子支配人は自身のツイッターで、「どんな時も前向きで明るくて、美里衣の存在はいつも周りを笑顔にしてくれていました。別の道を歩むと決めたことは寂しい限りですが、美里衣の新しい夢や目標を応援したいと思います」とコメントした。

     「本来、早川氏が説得して引き留めるべきだが、山口の件への対応ではまったく説得力がない。引き留められないのも仕方ないのでは」(同)

     ほかの48グループに比べメンバーの数が少ないNGTだが、「明るい未来」が見えない現状ではメンバーたちが将来性を危惧するのも納得せざるを得ない。

    リアルライブ 2019年06月05日 22時00分
    https://npn.co.jp/article/detail/82839032/

    (出典 images.npn.co.jp)


    【【悲報】NGT48活動辞退が続く見込み メンバーの悲惨な状況とは?】の続きを読む


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のアイドルグループNGT48の元メンバーである。愛称はまほほん。青森県出身。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。



    (出典 warotaland.net)


    これからどんどん活躍ヨロピク
    (´p・ω・q`)ガンバ♪

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/05/25(土) 03:42:31.66

    午前2:09 · 2019年5月25日
    twitter.com/GScom_s/status/1131970556570423296
    今月18日にNGT48を卒業した山口真帆(23)が25日付で 芸能事務所「研音」に所属することが24日、わかった。

    #山口真帆 #研音
    ★1: 2019/05/25(土) 02:25:48.08

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558718748/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【おめでとう~山口真帆 さん】 25日付で所属芸能事務所が決定したよ】の続きを読む


    「不問」最大の悪手だったのでは/NGT取材班分析 - 日刊スポーツ
    NGT48山口真帆(23)が18日、新潟・NGT48劇場で卒業公演「太陽は何度でも」が行われた。騒動はどうしてここまで拡大し、長期化してしまったのか。どこに問…
    (出典:日刊スポーツ)


    NGT48 (NGTからのリダイレクト)
    JAPANの「Hot 100」および「Top Singles Sales」の各チャート、オリコン週間チャートなどで第1位を獲得している。 グループ名のNGTは、劇場所在地である新潟市および新潟県の新潟(NIIGATA)に由来する。 



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    いったい誰かな?
    (。´・ω・)?


    1 47の素敵な :2019/05/19(日) 14:02:05.67 .net

    やっぱこの人かしら?

    (出典 i.imgur.com)
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    (出典 www.suruga-ya.jp)


    【【誰?】約半年間続いたNGT事件で最も株を上げた人物を挙げてみたwww】の続きを読む


    結局真相は…

    NO.7470163 2019/05/18 10:49
    NGT「山口真帆」問題、事件直後の録音データ入手、
    NGT「山口真帆」問題、事件直後の録音データ入手、
    犯人と公園で対峙
    NGT48・山口真帆(23)に対する暴行事件で、デイリー新潮は5月17日までに、事件当日の“録音データ”に関する内部文書を入手した。

    暴行事件の直後から、犯人たちは山口に謝罪を繰り返していた。

    その場で話し合いが持たれることになり、山口や男たちは近くの公園に移動。

    その時点から会話が録音されていた。

    第三者委員会が3月18日に発表した調査報告書にも、《本件事件に関しては、複数の録音データ(いずれも事件当日のもの)が存在する》とある。

    今回入手した内部文書は、この録音データを文字起ししたものだ。

    文書に記されている各人の会話と、調査報告書で引用されている文言を付き合わせると、完全に一致した。

    こうしたことなどから、デイリー新潮は入手した内部文書の信憑性は極めて高いと判断した。

    改めて事件を振り返ろう。

    調査報告書では、暴行事件で逮捕された男2人を甲と乙、事件に関与し、事件直後に甲と乙に合流した3番目の男を丙とし、登場するNGT48のメンバーについては、AからFまでのアルファベットで表記した。

    この記事もそれに従い、入手した内部文書の引用にあたっては原文の平仮名を漢字に改めたり、誤字を修正したりした。

     2018年12月8日、NGT48劇場での公演が終了すると、山口らを乗せたマイクロバスはメンバーを自宅に送り届けるために出発。最初の停車ポイントでメンバーAが降車した。ここで丙が「まほほん(註:山口真帆のあだ名)、あの車両に乗ってる?」と声を掛け、Aは「乗ってるよ」と答えた。

     今回の事件では「つながり」という言葉に注目が集まった。メンバーとファンとの私的な交流を指すが、Aと丙の間には「つながり」があった。要するに2人は顔見知りで、Aは丙に気軽に山口が乗車していると明かしたのだ。

     甲たちは、山口の住むマンションに自分たちも部屋を借りていた。しかも、山口の部屋の向かいという位置。また後に大きな問題となるが、過去にはメンバーBも同じマンションに居住していたという。

     丙の連絡を受け、甲や乙は山口が自室に戻る時間を逆算、共用廊下の様子に気を配りながら山口を待ち続けた。報告書によると、山口はバスを降りてマンションに帰ると、エレベーターで移動。共用廊下に誰もいないことを確認してから、自分の部屋に入ろうとした。ドアを閉めようとしたところ、乙が手でドアを押さえ、こじ開けてきた。

     乙は玄関の中に入り、山口の顔を掴んで押し倒そうとした。山口は乙を押し返した。ドアを閉められそうになった時、向かいの部屋から甲が出てきた。甲は山口の顔を掴み、やはり押し倒そうとしてきた。しばらくの間、山口は声を出すこともできなかった。だが、1分ほどすると「助けて」と共用廊下に向かって叫んだ。すると甲は手で山口の口を押さえた。

     エレベーターが止まる音がすると、山口の口を押えていた甲の力が弱まった。山口は甲を廊下に押し出し、自分も廊下にしゃがむと泣き叫んだ。エレベーターから男性が現れ、山口に近づく。すると乙が「ケンカをしているだけだ」と弁解した。山口は首から携帯電話を掛けていたため、警察に電話しようとした。それを甲が阻止した。山口が泣き叫ぶと、甲は「ごめん、ごめん」と言った。山口は「近づくな!」と叫んだ。

     甲は山口に「メンバーに相談し、メンバーに提案されて、やったこと」、「こうすれば、まほほんと話せるよ、と提案された」と説明し、A、B、Cの名前を挙げた。山口はDに電話で助けを求めると「あと5分で行ける」との答えが返ってきた。山口がDと合流すると、暴行事件に関与しているメンバーを聞き出すため、甲と乙、そして後に山口の自宅マンションに駆け付けた丙と一緒に、近くの公園に移動した。

     ここまでは報告書の記述を中心に再現したが、これ以後は入手した内部文書から抜粋する。文書の冒頭には甲か乙かは不明だが、犯人と思われる男の弁解が記されている。

    犯人:俺が全部、色々何か話したいからって、身勝手で、なんかあの、もう相当怖がらして、しかも関係ないDも巻き込んで本当に申し訳ないんだけど、今から全員呼ぶから、それで本当に謝らしてほしい。

     これに駆け付けたDと山口の会話が続く。なお、聞き取れなかったとされている部分は「【×××】」、個人名を隠す場合は「【運営スタッフ実名】」と表記した。

    D:ほんと意味わかんない。受け止められない、現実を。

    山口:全部現実だよ、Bは本当クズ。

    D:【×××】あそこの公園、どうする? 【運営スタッフ実名】さんに連絡しとく? 公園にいるって? 

    山口:うん、いいよ。それともさ、Bの部屋で話したほうがいい? それも怖いよね? 

    D:Bの部屋にBいるわけじゃないでしょ? 

    山口:いない。けどBの部屋を借りてるんだと思うよ、本当に。鍵も持ってるし。

    D:マジで怖え。

    山口:Cと【ファンあだ名】は一緒にいたんだよ。

    D:え!? もう信じられないんだけど、本当に。

    山口:【×××】(註:内部文書には「死ねよ、みんな。意味分かんない。私のこと押さえつけて家に入ろうとして」との発言だった可能性を指摘)、それで話す機会がもらえると思ったあいつら、自分たちが関わっているビッチと一緒にすんなよ。

    D:ちょっと待って、衝撃なんだけどマジで。え!? そんなのクビじゃん、3人そろって辞めろよ、マジで。

    山口:全部言うからね、全部正直に話させて録音して、全部言わなかったら、私全部、「SHOWROOM」(註:動画配信サービス)でオタクに言うから、警察にも言うから。

     そして山口は甲たちに「誰が来るの?」と質問。1人が「今から全員、できるだけ、来れるだけ」と答える。山口が名前を聞くと、報告書には登場しないメンバー(註:Gとする)の名前を挙げ、更にAも言及。だが調査報告書は、甲、乙、丙ともAに連絡を取った事実は確認できず、実際にAは公園に来なかったことを指摘している。

     山口が「誰と、誰と、誰には連絡したんですか?」と確認を求めると、男の1人はGの名前しか出さない。その後の会話は以下の通りだ。

    山口:Gだけですか? 

    男:はい。

    山口:誰には連絡した? 他に? 

    男:俺が直接(他のメンバーには連絡が)取れない。

    山口:Gとあとは? 誰に連絡したの? 

    男:連絡してんのGだけ。

    山口:え? Gしか関わってないってことですか? 

    男:はい。

    山口:なんで? 

    男:俺経由で、他に話した子はいるんだけど、今はその俺は、人づてでしか取れないから、今はとりあえず(連絡が)取れるのはGだけ。

    山口:AとBとCは? 

    男:(連絡は)取れないから。

    山口:(連絡)取れるでしょ? 

    男:いや俺、マジ取れない、それは本当に取れない。

    山口:なんで? 

    男:なんでって、全くつながってない。

    山口:Bは? 

    男:Bと僕、全く知らない。



    【日時】2019年05月17日 18:46
    【ソース】デイリー新潮
    【関連掲示板】

    【【揺れるNGT48問題】「山口真帆暴行事件」の事件直後の録音データ入手】の続きを読む


    NGT早川支配人「運営の不備により迷惑」騒動謝罪 - 日刊スポーツ
    メンバー山口真帆(23)への暴行被疑事件に揺れるNGT48の現行体制チームでの千秋楽公演が21日、新潟・NGT48劇場で行われた。昼公演は、チームN3が行った…
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 i.ytimg.com)


    いったいどうなるんでしょうね…
    ( ˘•ω•˘ ).。oஇ

    1 ひかり ★ :2019/05/11(土) 15:54:33.32 ID:YRCfUBkc9.net

     懸念していたことが、実際に次々と起こっている。メンバーの山口真帆(23)が昨年12月、新潟市内の自宅で男性から暴行される被害を受け、
    今月18日の公演をもって卒業するという、異例の事態に追い込まれているNGT48。とりわけ、再出発を期するメンバーに対しての“風評被害”が、
    とどまるところを知らない。

     7日には、メンバーの清司麗菜(せいじ・れいな、18)が、公式モバイルサイトの「フォトログ」で山口に対して触れた記事が削除された。
    これがさまざまな憶測を呼び、清司のSNSはあっという間に炎上。3月に行われたAKSの会見では直接指摘し、先日つづったコラムでも改めて触れた、
    NGTメンバーに対する「犯人探し」の動きは、日に日に苛烈さを増している。

     今回、清司が触れた内容の是非は、少なくとも部外者には分からない。当該の投稿を削除したのはだれか、これも部外者には分からない。だが、
    いわゆる「ネット民」は、清司とAKSを“総攻撃”した。その結果として何が起こるか、もしかしたら、いわれのない中傷で誰かが傷つくかも…、という
    配慮は、恐らくなされないままに。

     AKBグループが、インターネットというツールを最大限に活用して大きくなったことは、疑いようがない。不特定多数の、ある意味「愉快犯」への対策も、それなりに取ってはきただろう。
    だが、昨今の「炎上」の流れは、もはや簡単にコントロールできるものではない。言葉を選ばずに言えば、無責任な匿名の外野が方々から発火する
    行為に対して太刀打ちするのは、現実的に不可能だ。

     もちろん、インターネットは他人とのつながりに意味を見いだすツールであるし、自由に意見を言う権利は誰にでもある。だが、その権利を濫用し、
    誰がどのように傷ついても知らんぷり…、と
    いうのは、さすがに問題だろう。NGTでは荻野由佳(20)も、起用されたアパレルブランド「Heather」のプロモーションが中止された。
    再三の指摘になるが、清司にせよ荻野にせよ、山口の騒動に直接関与したと判断できる明確な材料は存在しない。その中で、こうした「私刑」が
    自然に行われているということは、およそ成熟した社会ではあってはならないことではないか。

     NGTの件に限らず、ネットユーザーの“暴走”は、恐ろしいものがある。仮にその主張が正鵠を射ていたとしても、綿密な検証の上で
    具体的な根拠をもった上で行われなければ、どこまで行っても「私刑」に過ぎない。そういった自体を防ぐために、我々メディアはより深く
    取材を行い、事実の検証が完了した時点で報道する。それに物足りなさ、もっと言えば不信感を覚える方々が多いのは、身にしみている。
    だからといって、逆に一部の声におもねるために、事実を曲げて報道するということは、我々には許されない。

     先日のコラムにも書いたが、実際のところ、この案件に対する取材は、恥ずかしながら十全ではない。それがまた、多くの憶測を生む“一助”に
    なっているとしたら、忸怩たる思いだ。だが、改めて
    ネットユーザーの方々に問いかけたいのは、「自分の行動の影響力を、十分に理解していますか?」
    ということ。仮に今回の件に関し、「山口真帆さんがいじめられた」という“正義感”に駆られて行動したとして、いじめたと思う人間を、名前も場所も、
    何もかも秘匿して攻撃することは、よりたちの悪い「いじめ」に陥る可能性があることを、冷静になって理解するべきだと思う。

     5月18日、山口ら3人のメンバーはグループからの卒業を迎える。それは、決して望んでいたものではないということは、山口の主張からも
    明らかだろう。アイドルグループとして成立していくために、今回の件に関して目をそらしたまま次の流れに進むことは、もちろん賛成できない。
    だがそのために、無差別に誰かを攻撃しても良いということではない。ファンにとっても、メンバーにとっても
    最良の解決方法は何か。あと1週間で、運営側は結論を出さねばならない。(デイリースポーツ・福島大輔)

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000040-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557542968/


    【【みんなで考えよう】NGT騒動にみるネットの「暴走」行き過ぎた犯人捜しの行方】の続きを読む

    このページのトップヘ