気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:AKB48



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    解散しないと収束しない説www
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/06/23(日) 09:21:12.14

    6月26日放送の『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)に出演予定のアーティスト名が続々発表されているが、
    AKB48の出演を告知する同番組のTwitterに、NGT48荻野由佳や中井りかをバッシングするリプライが殺到している。

    『テレ東音楽祭』の公式Twitterは13日にAKB48の出演をアナウンスするツイートをしたが、
    これに「NGT48のメンバーも出演するのでは」と予想した一部ユーザーから批判的なリプライが複数ついている。一部を抜粋する。

    <絶対中井りかと荻野由佳は出さないでください不快です。他の人で代役できるでしょ?>

    <NGTの事件は何一つ解決していません。この状況でメンバーを出演させるとはテレ東さんの姿勢に疑問を覚えます。コンプライアンスは大丈夫ですか?>

    <荻野由佳と中井りかを出演させるのはテレビ東京のイメージダウンにもなると思います>

    NGT48の荻野と中井は、AKB48の選抜メンバー常連でもある。
    しかし現時点で出演メンバーは発表されていないにも関わらず、先回りしてのクレームが飛び交うのはさすがに異常事態だ。

    もっとも、NGTは48グループであり、運営するAKSの責任を追及するという意味では、問題を解決せぬままの姿勢に批判が及ぶことはわかる。
    ただし、NGTメンバー個人への攻撃はおかしいだろう。

    3月29日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、AKB48が指原莉乃の卒業ソング「ジワるDAYS」をパフォーマンスした際も、同様の現象が起こっていた。

    「ジワるDAYS」の選抜には荻野由佳と中井りかが入っており、番組の公式Twitterには放送前から
    <見るのをやめます><NGT48を出さないで>などと批判リプライが相次いだのだ。

    その影響か定かではないが、荻野と中井は生放送の同番組に出演したものの、
    入場時やパフォーマンス中にカメラで顔を抜かれることはなく、ほぼ画面に映らない状態であった。

    AKSの不誠実な対応が招いたバッシングとはいえ、テレビ出演のたびにこのようなことが続くとしたら、番組側も困ってしまうだろう。
    https://wezz-y.com/archives/67087

    【テレビ】「テレ東音楽祭」で広末涼子が初MC、ジャニーズ9組や乃木坂ら出演者第1弾も発表
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560283806/

    【音楽】加護亜依と辻希美、W(ダブルユー)が13年ぶりテレビ出演<テレ東音楽祭 2019>
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560595912/

    【テレビ】<嵐>「テレ東音楽祭 2019」でついにテレ東初出演 ジャニーズJr.時代の貴重映像も
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561026265/


    【【悲報】 AKB48の出演を告知するだけでNGT48の批判が殺到www】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)




    西野 未姫 (@mikinishino4)
    | Twitter



    結局応援するんか~い
    _(┐「ε:)_

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/21(金) 15:40:44.36

    『AKB48』時代の〝ぶっちゃけトーク〟でバラエティーに引っ張りだこの西野未姫だが、「AKB」サイドが不満を爆発させ、テレビから干される危機を迎えているという。

    6月14日、西野はネット配信バラエティー『DTテレビ』(AbemaTV)に出演。
    同番組は(DT)をテーマにした番組のため、司会の『チュートリアル』徳井義実は西野に〝DTのイメージ〟を尋ねていった。
    すると西野は「AKBの握手会に来るファンの8割はDTだと思う」「DTの人は息遣いにクセがあって。
    シーハーシーハー言う人、フガフガ言う人がいて…」などと自身の体験に基づく持論を展開し、
    悪意たっぷりに当該ファンのモノマネも披露。スタジオは笑いに包まれていった。

    しかし案の定、ネット上では、

    《品がない》
    《そのファンがいてくれるからアイドルできてたんやろが》
    《偏見だろ そんな悪く言うなよ》
    《この間の、ファンからのプレゼントを蹴って大炎上したモデルと似たようなもん》

    などと、批判的な反応が目立つことに。実は西野は先月にも『陸海空 こんなところでヤバいバル』(テレビ朝日系)で、同様の発言をしていたのだ。

    ?

    イメージ回復の邪魔となる西野を消したい48運営
    番組内で「オタクは金持ち」という話の流れになると、西野は「でもさ、だから見た目ああなっちゃってるんだよね」と発言し、
    その後も「AKBのファンみんな歯ないよ。歯溶けてるの」「この(CDの)枚数のお金で歯治してって思うくらい」「女も溶けてるよ」などと、かつてのファンの悪口を連発した。

    もはや〝オタクdis〟がおなじみのキャラになっている西野だが、こうした発言のたび、現役の「AKB」のファンからは、

    《こういう奴がいるから48Gのイメージ全然良くならない》
    《面白くもないし誰も得しないコメント》
    《他のメンバーまで裏でオタクdisってるように思われると迷惑》

    などの批判が噴出している。

    「西野が過去のぶっちゃけ発言をするたび、現在の48系グループがイメージダウンに遭うのは紛れもない事実。
    『NGT48』の騒動以降イメージ回復に必死の48系グループ運営にとっては、西野のキャラは無視できないほど〝邪魔〟な存在となっています。
    しかし、西野は既に卒業しているため、運営側から本人を静止することはできない。
    そこで、現役人気メンバーのテレビ出演と引き換えに、西野を出さないよう業界に働きかける〝西野干し上げ工作〟が行われているようですよ。
    これから夏を迎え、バラエティー界は9月期特番の収録シーズンにも差し掛かりますが、秋の特番に西野はほとんど出ていないかもしれません」(芸能記者)

    女性バラエティータレントは、かなり門戸が広いジャンル。
    西野1人消えたところで代わりはいくらでも出てくるだろうが、あえて〝得意技〟を生*のもアリかもしれない。ガンバってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1885675/
    2019.06.21 10:30 まいじつ




    西野未姫 公式ブログ
    Powered by LINE
    - LINE BLOG



    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【朗報】『AKB』イメージ低下で運営ブチ切れ!西野未姫は引退不可避】の続きを読む


    矢作 萌夏(やはぎ もえか、2002年7月5日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。埼玉県出身。AKS所属。姉は矢作有紀奈(元SKE48)。 2016年頃、姉の有紀奈とともにカトレアプロモーション(現・AIMSTONE PRODUCTION)に所属。


    アイドルって大変ね
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 ジョーカーマン ★ :2019/06/15(土) 16:29:04.98

    注目度急上昇中のAKB48のエース候補・矢作萌夏(16)が15日、自身のツイッターを更新。
    熱愛騒動についてファンに感謝した。

    「今回の騒動で、嘘の情報や画像を流してまで私を貶めようとする人がいる一方で、自分のことのように怒ってくれる友達や、心配してくださる運営の方々やファンの方々がいてくださって、本当にありがたく、心強いです。ありがとうございます」

    今月8日夜に「週刊文春デジタル」が高校の同級生との交際を報じ、2ショット写真を掲載。
    これを受け、矢作は自身のツイッターで「ディズニーランドで一緒に写っている方とお付き合いしているという報道がありましたが、事実とは全く違います」と強く否定した。

    運営側は、メンバーへの嫌がらせを繰り返している高校生グループが暗躍している可能性が高いとみて、法的措置を視野に入れて対応していく。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000172-spnannex-ent

    AKB48 矢作萌夏


    (出典 66.media.tumblr.com)


    (出典 66.media.tumblr.com)


    【【AKB48】熱愛否定の「エース候補」矢作萌夏さんの被害妄想コメント】の続きを読む


    ねぇヾ(・ω・`。)≡(。´・ω・)ノ” ねぇ
    あら、そうなんや…
    良かったね~


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/07(金) 08:41:35.29 ID:Fxokbx5U9.net

    アイドルグループ「AKB48」の元メンバーでタレントの西野未姫(20)が6日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演し、怪しすぎる“初恋愛”を打ち明けた。

    この日のテーマは「女芸人VSバラドル全面抗争」。バラエティーで活躍する西野はAKBを卒業して1年後に初めての彼氏ができたという。
    相手は売れない俳優。「4か月で別れたんですが、ラブラブな時期は2週間だけ」という。

    当時を振り返り「土日は弟が来るから来ないで」「親にGPSをつけられているから出かけられない」と、一度もデートしたこともなく、食事に出かけたこともなかったというのだ。
    西野はそんな彼氏の家に「夜11時に行って、朝6時に帰る」という交際をしていた。お泊まりしていたが、「親に交際がばれるのがイヤ」という理由で、歯ブラシを置くこともできなかった。

    西野の不思議な交際体験を聞いた出演者は「本当に彼氏だったの」と質問攻め。夏菜(30)は「完全に〇フレですよ」とバッサリ。
    西野はそれでも「大好きだよって言ってくれたあの目はウソじゃないんですよ」と熱く語った。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/akb/1423614/
    2019年06月06日 23時55分


    【【どうでも良い芸能ニュース】元AKB西野未姫が打ち明けた人生初の彼氏が怪しすぎる…】の続きを読む


    川栄李奈:俳優の廣瀬智紀と結婚、妊娠を発表「体調考慮しながらお仕事も」ファクス全文 - 毎日新聞
    女優の川栄李奈さんが、俳優の廣瀬智紀さんと結婚、妊娠していることが17日、明らかになった。所属事務所からのファクスでは「 今後は体調を考慮しながらお仕事も続け ...
    (出典:毎日新聞)


    廣瀬智紀(ひろせ ともき、1987年2月14日 - )は、埼玉県出身の俳優。所属事務所はスターダストプロモーション。同事務所の男性俳優・タレントで構成された集団EBiDANの元メンバーである。 身長179cm。体重は62±3kg。 愛称は「ちゃんとも」(玉城裕規命名)。昔のあだ名は「キング」(ともキングから)。



    (出典 grapee.jp)


    とにかくおめでとうございます
    でも色々影響ありそうやな…
    ( ・ὢ・ ) ムムッ

    1 47の素敵な :2019/05/17(金) 19:09:07.04 .net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905170000738.html

    元AKB48の女優川栄李奈(24)が、俳優廣瀬智紀(32)と結婚することが17日、分かった。川栄は妊娠しているという。近日中に婚姻届を提出する。
    マスコミ各社に連名で書面を送り発表した。

    書面では「このたび、私共、廣瀬智紀と川栄李奈は、入籍致しますことをご報告させていただきます」と伝え、「また、同時に新しい命を授かることができました。
    出産は年内に予定しています」と報告した。川栄は今後、体調を考慮しながら仕事を続けていく予定だという。

    2人は昨年10月、舞台「カレフォン」でダブル主演を務め、共演した。川栄は派遣OL役、廣瀬は2年前に亡くなった川栄の恋人役だった。
    書面では「舞台で共演させていただき、互いに引かれ、お付き合いしていく中で、結婚を意識するようになりました」と明かしている。
    「これからも感謝の気持ちを忘れずに、お互い支え合いながら、成長できるよう、より一層精進してまいります」とつづった。

    2人は「いつもお世話になっている関係者の皆様、応援してくださるファンの皆様、本日までご報告できなかったことを心よりおわび申し上げます」と
    謝罪し、「まだまだ未熟な2人ではございますが、あたたかく見守っていただけましたら幸いです」と伝えた。 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 Youtube)


    【【芸能おめでた】川栄李奈さんが妊娠と結婚発表!お相手の廣瀬智紀さんって誰?】の続きを読む

    このページのトップヘ