気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:踏み間違い



    (出典 pbs.twimg.com)


    1 rain ★ :2019/06/20(木) 20:42:23.15

     車の踏み間違いによる事故を防ぐある商品に注文が殺到している。アクセルを踏み込みすぎるとブレーキが作動する装置、驚きの仕組みが隠されている。

     車の販売や修理を手掛ける店に掛かってきた電話。最近は問い合わせが一日に40件から50件ほどあるという。

     「STOPペダル」を販売するパートナーズ・菊池照明社長:「もう今、3カ月くらいお待ち頂く感じで100台以上、ご注文を頂いている感じなんで」
     というくらい注文が殺到している商品というのが、後付けで踏み間違い事故を防止できる装置「STOPペダル」だ。

     東京・池袋。当時、87歳の男性が車を暴走させて12人が死傷。福岡市では81歳の男性の車が逆走するなどして9人が死傷。高齢ドライバーが陥りがちな心理について専門の研究機関がこんな考察を発表している。

     国際交通安全学会:「高齢者はパニックを起こすと、その時、足を乗せているアクセルペダルを逆に踏み込んでしまいやすいと考えられる」
     そこで、踏み間違いによる事故をなくしたいという思いから、町工場の男性がたった1人である装置を開発した。STOPペダルを考案した南平次社長(79)。まさに町工場のおやじさんだ。

     STOPペダルを考案したナンキ工業・南平次社長:「ブレーキだと思って間違ってガッと踏んだ時に」「(Q.アクセルを踏み込むと止まる?)そうですね。今のところ止まる装置って意外とほとんどない」

     目いっぱい踏み込むことで作動するというSTOPペダルの働きはどのようなものか。南社長、実は自動販売機の装置の整備などが本業。畑違いのペダル開発に乗り出したきっかけは、9年ほど前にテレビで踏み間違い事故の特集を見たことだったという。

     STOPペダルを考案したナンキ工業・南平次社長:「人間だから間違いは必ず起きるんですよ。間違いがどうしても起きるならば起きた後、どう対処すればいいかという考え方でこれを作っている」

    動画があります
    ANNnews

    (出典 Youtube)


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000157608.html


    【【プリウスミサイルもこれで安心】アクセルを踏み込みすぎるとブレーキが作動する「STOPペダル」町工場の発明品に注文殺到】の続きを読む



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    おお!
    これは朗報やね
    ほかの自治体はどうなのかな?
    いっそ国が補助したらよいと思う
    (★・ω・)(★-ω-)(★・ω・)(★-ω-)ウンウン

    1 名無しさん@涙目です。(愛知県) [US] :2019/06/11(火) 22:16:23.60


    アクセルの踏み間違い防止装置、都が購入費の9割補助
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000063-asahi-soci

    ブレーキとアクセルの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置を買った高齢者に、東京都は、購入・設置費の9割ほどを補助することを決めた。
    4月に池袋で母子2人が死亡した事故を受け、対策を検討していた。来年までの1年間程度に限った措置ではあるが、異例の高率補助で設置を促す狙いだ。

     小池百合子知事が11日の都議会の代表質問で明らかにした。都などによると、装置は、停車時や一定の速度以下で走っている際に、急にアクセルを深く踏み込んでも、電気信号を制御して急発進を防ぐ仕組み。後付けが可能だという。

     小池氏は10日に自動車用品店「A PIT オートバックス東雲」(江東区)を訪れ、装置をつけた車に試乗していた。店の担当者によると、同店では装置の購入者が増えており、ひとつあたり3万~4万円台の商品では、5月の売り上げが前年同期比で26倍になっているという。

     購入・設置には3万~9万円ほどかかるケースが多く、都の補助によって自己負担は3千~9千円ほどになる見通しだ。今後、補助の対象者の年齢や受け付け開始の時期といった詳細を詰めていく。

     都は他にも、運転免許の自主返納を促すため、休日に家族相談会を開く予定という。


    【【朗報】ブレーキ踏み間違いを抑制する急発進防止装置。東京都が9割補助で取り付け可能に。】の続きを読む



    (出典 motor-fan.jp)


    何故だか、高齢になるほど運転に自信過剰になる問題…
    (/・ω・)/

    1 サーバル ★ :2019/06/04(火) 14:33:25.08

    倉田大誠アナウンサー:
    しかし、死亡事故の分布を示す赤色のグラフは、60代を超えると一気に多くなるんです。これは、高齢者が踏み間違いに気付くのが遅いことが要因として考えられます

    立本信吾フィールドキャスター:
    中には、事故が起きてしまった後に初めて「踏み間違えていたんだ」と自覚する人もいらっしゃるそうです

    熊谷宗徳氏(交通事故鑑定人):
    若い方は、ブレーキと間違えてアクセルを踏んでスピードが出てしまっても「あ、これ違う」とすぐに気づいて、それを修正できる反射神経がまだあります。しかし高齢の方はそれが鈍ってしまい、ブレーキを踏んでいるつもりなのにスピードが出てしまった時に、間違いに気付けず「え?」と思っている間にもどんどん車が進んでしまう。そしてパニックになり、事故につながるということです

    安藤優子:
    間違いに気付けないということは、「ブレーキを踏んでいるのに止まらないから、もっと踏まなきゃ」と思って、さらにスピードが出てしまう可能性も考えられますね

    熊谷宗徳氏(交通事故鑑定人):
    そうしてアクセルを踏み込んでさらにパニックになると、もう何かにぶつかるまで止まらないという事故になってしまうんです

    立本信吾フィールドキャスター:
    そもそも、なぜ高齢者の“踏み間違い”は多いのか?福山大学工学部・関根康史准教授にお話を伺いました
    https://sp.fnn.jp/posts/00046124HDK

    h
    (出典 sp.fnn.jp)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【調査】ブレーキとアクセルの踏み間違い死亡事故、年齢別でみると…】の続きを読む

    このページのトップヘ