気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:結婚



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/06/23(日) 10:28:34.41

    6/23(日) 10:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00000320-oric-ent

    梶裕貴&竹達彩奈が結婚発表

     声優の梶裕貴(33)と竹達彩奈(30)が、きょう23日に結婚したことを自身のツイッターで発表した。

     ツイッターで梶は直筆のコメントを寄せ「私、梶裕貴は本日、声優の竹達彩奈さんと入籍いたしました。心からの感謝の気持ちを込めてご報告させていただきます」と発表。「まだまだ未熟な2人ではありますが、どなた様からも応援していただけるよう、一層の努力を重ねてまいります」と決意を新たにしている。

     同じく竹達も直筆のコメントで「まだまだ未熟な私ですが、笑顔あふれる温かな家庭を築いていきたいと思います」とつづっている。

     梶はアニメ『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役など、竹達は『けいおん!』の中野梓役など、互いに多くの人気作品に出演している。


    【【ファン発狂】梶裕貴&竹達彩奈が結婚www】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/06/22(土) 16:26:17.60

    6/22(土) 16:10配信
     平成ノブシコブシの吉村崇が22日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「おかべろ」に出演。ナインティナイン・岡村隆史とともに、“ガチで交際・結婚したい女優”の名前を挙げた。

     吉村は同期の南海キャンディーズ・山里亮太の蒼井優との結婚に「嫉妬した」と告白。同じく、「嫉妬してる。『おめでとう』(の気持ち)は20%ぐらいやな」と明かした岡村とともに、山里に続けとばかりに“女優との結婚”を夢見るトークを繰り広げた。

     吉村は「米倉涼子さん」と告白。たまに仕事で一緒になるといい、「お綺麗ですよ」とうっとりした。

     以前、自身が進行役を務めていた番組で、テンションが上がった米倉が抱きついてきたことを振り返り「その時の顔のかわいさと、あと、本当に申し訳ない…、当たったんですよ、お胸が…なかなかだな、と思って。すごいぞ、米倉涼子、と思って」と恐縮しながらも、米倉のナイスボディについても力説した。

     岡村は「ガッキー」とうれしそうに新垣結衣の名前を挙げ、「これしかないわ。難しい、難しいけど」と照れた。沖縄でたまたま入ったバーが新垣もよく来る店だったことから、沖縄を訪れるたびにそのバーに行っていることを明かし、「1回も会えない…」としょんぼり。もし新垣にプロポーズするなら?と聞かれ「俺、普通に言うわ。『結婚してください』って」と照れまくりながら話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000074-dal-ent


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【南キャン山ちゃんに続け】ナイナイ岡村がガチで結婚したい女優www】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/06/21(金) 18:46:33.13

    歌手でタレントの中川翔子(34)が19日放送の関西テレビ「関ジャニ∞のジャニ勉」(水曜深夜0・25)に出演。理想の結婚生活について語った。

     「子孫を残さずには成仏できない」と考えている中川。結婚相手は、三十路にもなったということで「猫にやさしい、私のことを否定しない」人であればいいという。ただ、理想の結婚生活を聞くと、中川らしい独特のこだわりが詰まっていた。

     そこには「溶かしたチョコを毎日飲むことを許してくれる」「鍋料理の時、直バシで取るのはやめて欲しい」「できれば別居して欲しい」と、中川ならではの主張が見え隠れ。

    最後の“別居”の件は「うちの家系は男性が早死にするか、いなくなるか…。家に男性が住んでいたためしがない」というのが背景にあるようで、想像がつかないといった様子。夫の方が同居を望んだ場合は「寝室を別々にしていただけたら…」といった条件を提示していた。

     さらに中川らしさがにじみ出ていたのが「毎日、スイカを1玉食べるのを認めてほしい」という希望。ただし「4月から7月いっぱいまでのスイカが一番糖度が高くて、スッキリ、シャッキリしてて(おいしい)。8月半ば過ぎちゃうと熟れ過ぎちゃうんですよね」と中川ならではの“旬”があるという。

    中川は「4カ月ぐらいしか“スイカフィーバータイム”がないので、1日も無駄にしたくないので、なるべく毎日食べたい」と力説していた。

     さらに「3時間凍らせるスイカがベスト。3時間凍らせると絶妙にシャリシャリになっておいしい。それを風呂場に持ち込んで湯船に浸かりながら食べる」といったこだわりの食べ方も披露。常識からは逸脱しているように見えるが、こういった行動にいちいち首をかしげていたのでは、中川の夫は務まらないといえそうだ。

    2019年6月21日 17時36分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16656332/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【悲報】中川翔子の結婚のコダワリwww】の続きを読む



    (出典 buzzap.net)



    日本オワタ…
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] :2019/06/18(火) 21:03:49.58


    結婚願望も6割婚活せず=未婚理由「適当な相手なし」最多-少子化白書

    政府は18日の閣議で、2019年版「少子化社会対策白書」を決定した。白書は結婚に関する意識調査の
    結果を紹介。結婚願望のある未婚の男女に理由を尋ねたところ「適当な相手に巡り会わない」との回答が
    最多となった。一方で、相手を探すための婚活をしていない人は約6割に上った。

    調査は18年12月7~18日、インターネットで実施。このうち結婚を望む20~40代の男女に限定した
    調査(3980人が回答)で、結婚していない理由を尋ねたところ「適当な相手に巡り会わない」が最多の
    46.8%で、「結婚資金が足りない」(26.6%)「異性とうまく付き合えない」(24.0%)が続いた。

    適当な相手に巡り会わないとした人のうち61・4%は、相手を探すための行動を「特に何も起こしていない」
    と回答。20代男性に限るとその割合は7割を超えた。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061800305&g=soc


    【【少子化止まらない】結婚できない若者が増えた理由www】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)


    恋多き…
    …多すぎやわw
    アタヽ(ω;`ヽ))…((ノ´;ω)ノ フタ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/11(火) 08:13:42.83 ID:AP8B7AeV9.net

    日本中が驚いた蒼井優(33)と南海キャンディーズ・山里亮太(42)の電撃結婚。交際期間2カ月で、6月3日に入籍届を提出したという2人。
    5日には結婚会見が行われたが、彼女は満面の笑顔を見せていた。
    そんな喜びいっぱいの結婚会見だったが、記者からは次々と容赦ない言葉も飛び交った。

    「山里さんは、よしもとでブサイクとも呼ばれていますが?」
    「“恋多き女優”などとも呼ばれていますが、いちばんの決め手をあげるとしたら?」

    なぜ“魔性の女”が“ブサイク芸人”を選んだのか。そんな意図の質問に、蒼井はこう答えた。

    「私を好きになってくれる男気です。一方的に私が好きになったとしても、(好きと)言っていただかないと前に進めないので……」

    その言葉の裏には彼女が歩んできた波乱の11年間があった――。

    蒼井といえば、これまで数々の芸能人との熱愛が報じられてきた。
    08年に岡田准一(38)との交際報道が浮上すると、10年には大森南朋(47)との熱愛が発覚。
    その後も鈴木浩介(44)や堤真一(54)、三浦春馬(29)や石崎ひゅーい(35)など“今をときめく有名人”との噂が伝えられてきた。
    次々と出る熱愛と破局。そのため“魔性の女”と形容するメディアもあった。

    「蒼井さんは、企業の社長や実業家のいる飲み会に顔を出すような社交的性格ではありません。
    必然的に、出会いは同業者などに限られてきました。いっぽう共演者とはいつも真剣に、作品について語り合ってきました。
    そうすることで距離感が近くなり、好きになってしまうというケースが多かったのです。
    ただ、熱愛が報じられた人たちはいずれも業界のスター。蒼井さんが追いかける恋もあったようです」(芸能関係者)

    だが、いずれの恋も長くは続かなかった。結果、蒼井は恋に疲れてしまったようだ。
    昨年12月19日放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ系)に、山里の相方である“しずちゃん”こと山崎静代(40)が出演。そこで友人の蒼井についてこう語っていた。

    《優ちゃん、最近はなかなかときめかないというか。『恋愛ができなくて困っている。こじらせている』と言っていて……。
    そんななかで今年唯一、恋愛の好きではないけど尊敬できるっていうのが山ちゃんだと。
    『本当にすごい尊敬していて』と言っていたんですよね》

    そんな彼女を癒したのが山里だったのだ。実は蒼井のように、数々の華やかな恋愛経験を経て“非モテ”男性に落ち着く女性は少なくないという。恋愛ジャーナリストのおおしまりえさんは言う。

    「イケメンからモテモテだった女性が緊張感のある恋愛に疲れ、1周回って“安心できる相手”に収まるというのはよくあること。
    30歳をすぎると周りでも結婚したり、子どもを産む女性が増えてきます。すると『このままでいいのかな』と迷いや焦りが出てくるもの。
    そうしたときに自分を愛してくれる男性が現れると、一気に好きになってしまうのです。
    これまでの刺激的な恋とは違う、対等に愛し愛される関係。そこに心地よさを感じるようです」

    蒼井もそうした“1周回って安心できる存在”に出会えたことで、結婚を決断できたようだ。

    「山里さんは『結婚前提に付き合ってください』と交際を申し込みましたが、こうした実直なアプローチも新鮮に映ったようです。
    そしてここ数年は恋に奥手になっていた彼女が、ついに決意したのです」(前出・芸能関係者)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16599054/
    2019年6月11日 6時0分 女性自身


    【【蒼井優】恋に疲れた波乱の11年…“1周回って山ちゃん”の理由】の続きを読む

    このページのトップヘ