気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:明言


    高齢にならなくても受け取れる年金があるって知ってた?覚えておきたい「老齢年金」以外の公的年金 - @DIME
    公的年金は「老齢年金」だけじゃない!「公的年金」と聞くと、なんとなく高齢になったときに受け取るイメージがあるのではないでしょうか?でも、実はそれは「老齢年金」のこと ...
    (出典:@DIME)


    公的年金(こうてきねんきん、Public Pensions)とは、社会保障の観点から財政援助や税制優遇措置を与え、が行う年金である。日本の公的年金には、老齢年金として国民年金厚生年金共済年金がある。厚生労働省の調査では、公的年金の支給総額(年金総額)が2009年度に50兆円に達し、名目国内総生産(GDP)に対する割合が1割を超えた。年金の受給者数が3703万人と前年度比で3.1%増え、加入者数は0.9%減の6874万人に減った。

    公的年金に拠出された掛け金は積み立てられ、年金積立金管理運用独立行政法人が運用している。2012年現在の運用資産の総額は約107である。外国の公的年金は運用について、積み立て方式であっても利息などによる増加を見越して十分な額を給付しようという試みもある。




    (出典 ecoeco-taizen.com)


    あれ?
    年金定期便のあの額は貰え無いという事?
    Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/23(木) 16:16:29.04

    2019年5月23日5時0分
    公的年金だけでは老後不安 国は「自助」求めるけれど…:朝日新聞デジタル

    人生100年といわれる超高齢化社会を迎えるなか、老後のお金の備えをどうするか。
    金融庁は報告書案で資産形成の必要性など国民の「自助」を訴えたが、手数料稼ぎを優先する販売姿勢など、利用者が抱く金融機関への不信感の払拭(ふっしょく)も大きな課題になる。

    金融庁が高齢化社会で個人の資産形成を訴える背景には、公的年金の縮小が将来避けられない現状がある。
    高齢者が増える一方で、働く世代が今後急減する。
    報告書案は「公的年金だけでは満足な生活水準に届かない可能性がある」と公助の限界を認めている。

    老後にどれくらい備えればよいか。

    生命保険文化センターの201…
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM5Q5W0CM5QULFA048.html
    ★1)2019/05/23(木) 08:19:26.99
    前スレhttp://asahi./test/read.cgi/newsplus/1558585156/


    【【今更何言ってんの?】金融庁さん「公的年金だけでは…」】の続きを読む


    [東京 14日 ロイター] - 麻生太郎財務相は14日の参院財政金融委員会で、世界経済動向などリスクに対する注意は必要だが、日本経済のファンメンタルズはしっかりしており、消費税率は10月に予定通り「10%に引き上げさせていただきたい」と語った。渡辺喜美委員(無)への答弁。

    13日に内閣府が発表した3月の景気動向指数の判断が「悪化」に下方修正され、米中貿易摩擦も激化しているが、世界経済全体では米国を中心に緩やかに回復しており、日本の雇用・所得環境、企業収益も良好とし、日本経済の「ファンメンタルズはしっかりしている」との認識を示した。

    (伊藤純夫)

     5月14日、麻生太郎財務相(写真)は参院財政金融委員会で、世界経済動向などリスクに対する注意は必要だが、日本経済のファンダメンタルズはしっかりしており、消費税率は10月に予定通り「10%に引き上げさせていただきたい」と語った。写真は都内で昨年3月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    野党側、消費税引き上げ凍結を主張 13日 18時39分 - TBS News
    3月の景気動向指数で景気の基調判断が「悪化」へと引き下げられたことを受け、野党側は10月に予定される消費税引き上げを凍結するよう訴えました。 「景気の様々な ...
    (出典:TBS News)


    消費税(しょうひぜい、consumption tax)は、消費に対して課される租税。1953年にフランス大蔵省の官僚モーリス・ローレが考案した間接税の一種であり、財貨・サービスの取引により生ずる付加価値に着目して課税する仕組みである。

    消費した本人へ直接的に課税する直接消費税と、消費行為を行った者が担税者であるものの納税義務者ではない間接消費税に分類できる。前者の「直接消費税」にはゴルフ場利用税などが該当し、納税義務者が消費行為を行った者であって、物品またはサービスの提供者が徴収納付義務者(地方税の場合は特別徴収義務者)として課税主体に代わって徴収を行い、課税主体に納付することとなる。後者の「間接消費税」には酒税などが該当し、納税義務者は、物品の製造者、引取者または販売者、あるいはサービスの提供者であり、税目によって異なる。間接消費税はさらに課税対象とする物品・サービスの消費を特定のものに限定するかどうかに応じ、個別消費税一般消費税に分類できる。




    (出典 get.pxhere.com)


    リーマン級も嫌だが
    消費税も上げて欲しくないなあ…
    (。╹ω╹。)

    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲報】消費税率は予定通り10%へ引き上げ=麻生財務相が明言】の続きを読む

    このページのトップヘ