気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:年金



    (出典 www.sankei.com)


    お坊ちゃまに庶民の気持ちが分かる訳有りませんわ
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/06/14(金) 19:14:55.47 ID:tEDZJgXk9.net

    麻生氏、年金受給記憶ない「秘書に任せている」

     麻生太郎金融担当相は14日の衆院財務金融委員会で、自身が年金を
    受給しているかどうかについて「秘書に任せている。任すと言った以外、
    正確な記憶がない」と述べた。立憲民主党の大串博志議員の質問に対する答弁。

     麻生氏は、質問が通告にはなかったと弁解。その上で「年金がいくら入って
    くるか心配したことがあるか、自分の生活として心配したことがあるかというと
    ございません」とも話した。

     大串氏は「さすがに通告しなくても即座に答えると思って聞いた。
    自分の年金がいくらになるのかみんな考えている」と追及した。


    一般社団法人共同通信社(2019/6/14 16:57)
    https://this.kiji.is/512167735066936417?c=39546741839462401

    衆院財務金融委員会で答弁する麻生財務相=14日午後

    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    【【他人事】麻生太郎財務「自分の年金、気にした事ありません!( ー`дー´)キリッ」】の続きを読む



    (出典 shanti-phula.net)


    どっちやねん!!
    ヽ(`Д´)ノプンプン

    1 名無しさん@涙目です。(SB-Android) [KR] :2019/06/13(木) 13:20:13.96


    月5万円赤字の試算は厚生労働省が提示
    2019年6月13日 11時13分
    共同通信
     95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融審議会の報告書に関し、年金だけで毎月5万円の赤字になるとの根拠は、厚生労働省が示した資料であることが13日、分かった。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16611439/


    【【厚労省】「いや、麻生さん何言ってんの?最低2000万ないと生活できないけど?」】の続きを読む



    (出典 jijinewspress.com)


    撤回はしたけど事実は変わらないという事実…
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 ばーど ★ :2019/06/11(火) 16:41:22.75

    老後の生活費が年金以外に30年間で約2千万円必要だと記した金融庁の報告書について、麻生太郎財務相兼金融担当相は11日の閣議後の記者会見で、「世間に著しい不安を与えている。政府の政策スタンスとも異なる。正式な報告書としては受け取らない」と述べた。報告書は金融庁の金融審議会の総会を経て麻生氏に提出されるものだが、事実上の撤回に追い込まれた。

    報告書内の表現について、麻生氏は「極めて不適切」と述べた。報告書の公表後、野党などから猛反発を招いた上、自民党からも撤回を求められる事態となっていた。

    報告書は、寿命の延びに合わせて、蓄えである「資産寿命」を延ばそうと呼びかける内容。年金暮らしの無職の高齢夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)では生活費が平均月約5万円足りないとし、「毎月の赤字額は約5万円」などと表現。20~30年生きれば、1300万~2千万円が必要と分析した。(岩沢志気)

    2019年6月11日11時59分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM6C3VLGM6CULFA00S.html

    (出典 www.asahicom.jp)


    関連スレ
    【老後2000万円】金融庁報告書の撤回要求 #自民党 「不安や誤解広げるだけ」
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560221480/

    ★1が立った時間 2019/06/11(火) 13:21:35.76
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560233124/


    【【麻生財務相】「老後2000万円」報告書…「誤解を与えて~とぅいまて~ん!」】の続きを読む



    (出典 announcer-room.net)


    麻生さんの人を小馬鹿にした発言
    何とかならんのかな?
    プンスカ ٩(๑`н´๑)۶ プンスカ!

    1 クロ ★ :2019/06/09(日) 11:05:57.97

     朝から、ここまで怒りをあらわにする局アナを見るのは初めて――。出勤前の視聴者もそう感じたのではないか。

     5日朝放送のテレビ朝日系の情報番組「グッド!モーニング」でブチ切れたのは、メインキャスターを務める同局の坪井直樹アナ(49)。普段は温厚なキャラで知られる彼を激怒させたのは、金融庁が「年金以外に老後資産は2000万円必要」とまとめた報告書だ。

     午前7時台の特集で麻生大臣の「100歳まで生きる前提で退職金を計算してみたことある?」というナメた発言を紹介しつつ、この問題を詳報した後、坪井アナはとうとうと語りだした。

    「私の息子が先日、二十歳になって、年金の保険料を納め始めました。私も20歳から30年近く払い続けています。だから金融庁や(麻生)大臣の話は、その年金制度を頼れない、頼るなと言っているようなもので、朝から怒りたくないですけど、本当にガッカリ!」

    「さらに言うと、消費税は上がり続ける。もっと言うと、先日、戦争発言をした国会議員(丸山穂高)、責任も取らずに2カ月間休んで、この間も彼の給料・ボーナス何百万円という額が税金から払われる。それでも私たちは一生懸命働いて、国民は税金を納めているんですよ」

     隣の松尾由美子アナが「怒りが止まらないです」とうなずくと、坪井アナはさらに続けた。

    「707人の国会議員は何のためにいるんですか! 本当に。安心して暮らせる社会のためにあるんじゃないですか!」

     坪井アナは「きょう、6月5日は『老後の日』です」と上手に締めくくったが、全く同感。視聴者の気持ちを代弁した気骨あるコメントだ。

     しかし、NHK以下のテレビ局が政権の“飼い犬”と化す中、テレ朝も例外ではないという。

    「安倍首相に『政権復帰の恩人』とあがめられる幻冬舎の見城徹社長を、放送番組審議会の委員長に君臨させていることからも分かるように、早河洋会長は政権ベッタリ。元経産官僚の古賀茂明氏の『報ステ』降板以降、政権批判を許さないムードが上層部に蔓延し、現場は辟易しています。残念ながら、あれだけ政権を批判すると、坪井アナの今後が心配になってきます」(テレ朝関係者)

     入社27年目のベテラン、坪井アナの正論にも“圧力”をかけるのか。テレ朝の良心が問われる。

    日刊ゲンダイ
    19/06/08 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/255626/


    【【よくぞ言った!】金融庁の「年金頼るな」に激怒 テレ朝坪井アナに圧力懸念】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    正直に言っても批判は避けられないから
    先延ばしでうやむやにする作戦
    (・´ω`・)困ッタナァ…

    1 クロ ★ :2019/06/09(日) 11:28:26.72

     またも安倍政権が選挙のために「不都合な事実」を隠蔽しようとしている。金融庁が「今後、年金の給付水準は下がる」「年金が減るから老後のために2000万円を資産運用して貯めておけ」と突如言い出したことに反発が高まっているが、そんななか、今年6月前半におこなわれるとみられていた「財政検証」の結果公表が参院選後にもちこまれようとしているのだ。

    「財政検証」とは、2004年の年金制度改正によって導入された、公的年金の「定期検診」とも呼ばれるもので、少なくとも5年に1度、公的年金の健全性を点検し「財政の現況および見通し」を作成するもの。前回は2014年6月3日に公表され、厚労省はこの結果について“100年先までの見通しを検証し、若い世代が将来受け取る年金は将来の時点で働いている人々の賃金の50%を上回る見込み”とHPでも説明している。それが、今年の「財政検証」の結果は、厚労省が「作業中」だとして公表時期の見通しを示していないのだ。

     これはあきらかにおかしい。というのも、「財政検証」の公表にいたるプロセスは、前回とほぼ同じスケジュールで進んできたからだ。

     前回の2014年は3月10日に「経済前提に関する専門委員会」でとりまとめがおこなわれ、その後、検証作業を経て6月3日に結果が公表されている。一方、今年は3月7日に専門委員会がおこなわれ、今年3月12日の衆院厚労委員会では厚労省の木下賢志年金局長も「財政検証は、前回は6月3日に公表いたしましたけれども、今回も3月に、先般、経済前提を踏まえて財政検証を開始いたしましたので、それが終わり次第公表する」と述べていた。

     ところが、今年はいまだに「財政検証」公表の時期さえ出ない──。なぜ、こんなことになっているのかといえば、今回の「財政検証」の結果でも、将来的に年金給付額が下がることを示す厳しい内容になるとみられているからだ。

     事実、4日付けの日本経済新聞は、〈検証は将来の年金額が少子化で先細りする結果になる公算が大き〉いとし、こう伝えている。

    〈財務省の幹部は検証結果を見据え、「選挙前に公表しても(政権にとって)いいことはない。マイナスの影響の方が大きい」と話す。年金部会の別の委員は「公表は参院選後になるかもしれない」と明*〉

     つまり、厚労省は前回と同じスケジュール感で作業を進め、今年6月前半での「財政検証」結果公表を考えていたが、安倍政権にダメージを与える内容になることから、参院選後まで公表を遅らせようとしようとしている──ということらしい。

     一体、安倍政権はどこまで国民を欺くつもりなのか。というのも、安倍政権は過去にも国民の年金を溶かしてしまったことを選挙後まで隠すという姑息な手に出た前例があるからだ。

     年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年度、公的年金積立金の資産運用成績で約5兆3000億円もの運用損を出したが、これを国民に知らせまいと画策。例年、GPIFの前年度の運用成績公表は7月上旬に実施されていたが、2016年は7月10日に参院選の投開票があったため、巨額損失問題が投票に影響を及ぼすことを恐れた安倍政権は、公表を選挙後の7月29日まで遅らせたのだ。

     先日も、来日したトランプ大統領が“参院選後には農業と牛肉で大きな数字が出る”と述べたように、安倍首相がアメリカから迫られている農産物の関税大幅引き下げを拒否するのではなく、選挙後には妥結すると“密約”を交わしていることが発覚。これも自らの選挙のためだけに国益を売り渡すという、国民を騙す背信行為だ。

     その上、今度は、年金給付額が下がるという重大事を、選挙が終わってから公表しようとする──。完全に、党利党略のための権力の濫用ではないか。

    2につづく

    LITERA
    2019.06.06 11:08
    https://lite-ra.com/2019/06/post-4758.html


    【【老後2000万円問題】金融庁炎上の裏で政権が「年金先細り」の“不都合な事実”を隠蔽!】の続きを読む

    このページのトップヘ