気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:安全



    (出典 img.giftmall.co.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/26(水) 04:20:20.14 ID:lq/k14Ke9.net

    ◆ サボテンの葉から安全な生分解性プラスチックを作る方法が発見される(メキシコ研究)

    時代が変われば暮らしを取り巻く環境も変わる。
    一時期は利便性の高さからもてはやされていたプラスチック製品だが、現在では世界的な排除の方向で進んでいる。
    プラスチックゴミによる環境汚染が急進していることがわかったからだ。

    プラスチックに代わる代替品が模索されている中、メキシコでは、国の固有種であるサボテンの葉から抽出された汁を使って生分解性プラスチックを作る方法が生み出された。
    このサボテンプラスチック、口に入れても無害で、もちろん環境にも優しい。
    現時点ではまだ基本過程が紹介されただけだが、コスト面で折り合いがつけば、幅広い普及が見込めるという。

    ■ サボテンの汁をつかった生分解性プラスチック

    最近主流のキーワードは「生分解性プラスチック」である。
    これは、自然界において微生物が関与して環境に悪影響を与えない低分子化合物に分解されるプラスチックのことを意味する。

    メキシコのアテマハックのバレー大学で化学工学部に在籍するサンドラ・パスコー・オーティス教授は、メキシコの固有種であり、国民の食生活においても主食となる「ノバル」と呼ばれるウチワサボテンの汁を使って、生分解性プラスチックの基となる製品を生み出した。
    オーティス教授は、食用サボテンをベースにしたこの製品が、従来のプラスチック製のフォークやスプーン、使い捨てのビニール袋の代替品となり、メキシコだけでなく世界中の固形廃棄物の軽減に役立つことを願っている。

    このサボテンの汁で作られた生分解性プラスチックは、土の中で分解するのに約一か月、水中だとわずか数日だという。
    そして動物や人間が口に入れても、全く無害だ。
    つまりは、この製品が海へ流れ海洋生物が口にしたとしても、問題にはならないのだ。

    ■ サボテンプラスチックの作り方

    プロセスとしては6つ。

    1. サボテンの葉を切る
    2. サボテンの皮を剥く
    3. ミキサーにかけてジュースを作る
    4. ジュースを冷蔵庫で冷やす
    5. ジュースに無害の薬品を加える
    6. 薄板状にして乾かす

    オーティス教授によると、ごく基本の材料を使ってのこのプロセスは、現段階ではおよそ10日間かかるとのことだ。
    近い将来、更にスムーズに製品化できるようになるだろうと話している。

    メキシコには、およそ300種のノパルが存在するという。
    汁を使って、ある程度のサイズの薄板状にするには3枚のノパルを必要とするそうだ。
    今後の需要のためにも、葉を切り取ったサボテンが、再び葉をつけるようにするよう生かしておかなければならない。

    サボテンの汁から作ったこの新たなプラスチックは、異なる色や形、厚さを作ることも可能だ。
    スムーズで柔軟性のあるものから硬いものまで、様々な用途にあわせて製品化することが可能になれば、資源のリニューアルという大きな変化を生むことになる。

    問題は費用対効果だ。
    今までの使用されていたプラスチックはコストが安い。
    どこまでコストを下げることができるかが今後普及するかどうかのポイントとなるだろう。

    海外メディアを見ていると、毎日プラスチックゴミなどの環境についての記事が多数投稿されている。
    日本にいると、あまり実感はもてないかもしれないが、とりあえず今、世界では「プラスチックごみ」問題が熱いテーマとなっていることだけは押さえておこう。
    そしてもう一つのテーマが「生分解性」だ。

    ※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい。

    カラパイア 2019年06月25日
    http://karapaia.com/archives/52275776.html

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【朗報】サボテンが安全なプラスチックになるwww】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    1 rain ★ :2019/06/20(木) 20:42:23.15

     車の踏み間違いによる事故を防ぐある商品に注文が殺到している。アクセルを踏み込みすぎるとブレーキが作動する装置、驚きの仕組みが隠されている。

     車の販売や修理を手掛ける店に掛かってきた電話。最近は問い合わせが一日に40件から50件ほどあるという。

     「STOPペダル」を販売するパートナーズ・菊池照明社長:「もう今、3カ月くらいお待ち頂く感じで100台以上、ご注文を頂いている感じなんで」
     というくらい注文が殺到している商品というのが、後付けで踏み間違い事故を防止できる装置「STOPペダル」だ。

     東京・池袋。当時、87歳の男性が車を暴走させて12人が死傷。福岡市では81歳の男性の車が逆走するなどして9人が死傷。高齢ドライバーが陥りがちな心理について専門の研究機関がこんな考察を発表している。

     国際交通安全学会:「高齢者はパニックを起こすと、その時、足を乗せているアクセルペダルを逆に踏み込んでしまいやすいと考えられる」
     そこで、踏み間違いによる事故をなくしたいという思いから、町工場の男性がたった1人である装置を開発した。STOPペダルを考案した南平次社長(79)。まさに町工場のおやじさんだ。

     STOPペダルを考案したナンキ工業・南平次社長:「ブレーキだと思って間違ってガッと踏んだ時に」「(Q.アクセルを踏み込むと止まる?)そうですね。今のところ止まる装置って意外とほとんどない」

     目いっぱい踏み込むことで作動するというSTOPペダルの働きはどのようなものか。南社長、実は自動販売機の装置の整備などが本業。畑違いのペダル開発に乗り出したきっかけは、9年ほど前にテレビで踏み間違い事故の特集を見たことだったという。

     STOPペダルを考案したナンキ工業・南平次社長:「人間だから間違いは必ず起きるんですよ。間違いがどうしても起きるならば起きた後、どう対処すればいいかという考え方でこれを作っている」

    動画があります
    ANNnews

    (出典 Youtube)


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000157608.html


    【【プリウスミサイルもこれで安心】アクセルを踏み込みすぎるとブレーキが作動する「STOPペダル」町工場の発明品に注文殺到】の続きを読む



    (出典 u-sma.jp)


    他のメーカーと違ってトヨタの優れてるところは
    非常に合理的なんだよな
    逆に言うと必要と分かっていても儲かる仕組みが
    出来るではテコでも動かない体質
    ((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

    1 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] :2019/06/07(金) 00:55:48.99


    アルファード/ヴェルファイア、クラウン、カローラ スポーツが「予防安全性能評価ASV賞」を獲得
    https://clicccar.com/2019/06/01/831446/


    (出典 i.imgur.com)


    【【プリウスと違って】アルファードとヴェルファイアは安全説】の続きを読む


    <珍風景古今>鏡の世界?文字逆さま「奇抜看板」のその後は - 京都新聞
    2000年1月29日掲載、撮影場所は京都市中京区壬生。当時の写真説明はこう記す。 〈一瞬、鏡の世界に迷い込んでしまったようだ。四条通に面して書かれたこの看板、 ...
    (出典:京都新聞)


    看板建築などと呼ばれるものもあった(看板代わりに彫刻風の装飾をつけたもの)。看板が縦長で、かなりの高さがあり、かつ、独立して起立している場合には、「広告塔」と呼ばれることもある。 看板の通称名として、袖看板(突き出し看板)、欄間(らんま)看板(コンビニ看板)、屋上看板、ポール看板。



    (出典 www.photolibrary.jp)


    親切な看板なんでしゅね~
    (*´ω`*)

    1 みなみ ★ :2019/04/27(土) 17:57:25.85

    4/27(土) 11:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00000042-dal-life

    「オートバイの事故が多発しています。けがをしますと病院に収容されるまで約2時間かかります」。とある道路に設置されている「安全運転のお願い」看板が、衝撃的な内容だと話題を集めています。
    そんな長い時間かかるなんて、もしや到着するころには最悪の結末も…と、いろいろ想像をかきかてられる文面に、SNSでは「血がだらだら出てる状態で2時間は恐ろしい」「十分に気をつけます」など、安全運転の決意をあらたにするコメントが寄せられています。
    そんな看板が立つような道路、とんでもない田舎に違いない!と思って調べたら、なんと東京都内に存在する有名観光道路のようでした。ああ、東京都って想像以上に広いのですね…。

    【写真】ヘアピンカーブをさっそうと曲がるライダーたち

     看板が設置されているのは、東京都奥多摩町から檜原村を結ぶ「奥多摩周遊道路」です。1973年に有料道路として開通し、90年から無料化されています。
    奥多摩湖が織りなす雄大な自然美が楽しめるだけでなく、カーブが豊富な山岳道路ということもあり、ドライブやツーリングのコースとしても人気のスポットといいます。
    最近は、地元自治体の自転車レースに使用されていることもあり、自転車で走る人も多いそう。でも、なんでそんなところに、こんな怖そうな看板が…。

    以下ソースで読んで


    (出典 files.hangame.co.jp)


    【【恐怖の看板】悪夢のような道路の看板が話題 ……危険なので見ないで下さい】の続きを読む

    このページのトップヘ