気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:人手不足



    (出典 president.ismcdn.jp)



    1 ねとうの親分 :2019/06/23(日) 02:07:47.65 ID:jk/bxUGB0●.net BE:151915507-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    新宿
    @_shinjyuku_
    今日昼に行った限界サイゼ

    2019年6月21日(金) 15時04分38秒
    リツイート: 695お気に入り: 865

    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】人手不足でワンオペを強行するサイゼリヤwww】の続きを読む

    誰もやりたくない仕事は淘汰されるしかないよな…
    (*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン♪


    人手不足が深刻ないま、建設業界は“ロボット革命”を求めている|WIRED.jp - WIRED.jp
    世界的に建設業界の人手不足が深刻化するなか、業界を挙げて自動化を進めることで生産性を高め、大幅な効率化を図るときが来ている。単純に考えて、建設工程の ...
    (出典:WIRED.jp)


    人手不足(ひとでぶそく)とは企業経営において発生する問題。 これは企業が業務を行う上で、必要とされるだけの人材(特に若年労働者)が集まらず、思うように業務が行えていないような状態のことを言う。 



    (出典 dime.jp)





    なぜ、現代の若者は会社をすぐ辞めるのか

    先日、「Abema Prime」で「会社をすぐ辞める若者」について議論していました。一つの会社に勤め続け、ハードワークが当たり前だった昭和から平成初期を生きてきた人からすると、多様な働き方、生き方を模索する現代の若者の価値観はなかなか理解できないようです。

    番組では、会社を辞めてYouTuberになった若者が「飲み会スキルと関係ない。損切りじゃないけど(会社に)いても意味がないと思った」というと、「辞め癖がついているのではないか?」とマナー講師が納得いかない表情を浮かべるシーンがありました。

    仕事がきちんとできていれば飲み会は不要、というのは確かにそうですが、一方でコミュニケーションのためには必要、という声も根強いです。なぜこんなにも若い世代との間に溝があるのでしょうか。(文:ちばつかさ


    怒鳴り声に耐え、飲み会に参加して仕事を覚えていった旧世代


    番組をみていて「もしかして経験と思考の逆転が起きたんじゃないか?」と感じました。スマホガンガン普及して、わからないことをすぐに調べることができるようになりました。世界の様々な知識、生き方をネットを通じて簡単に知ることもできる。

    ギリ昭和な僕たち世代やその前の世代の人間は経験することでしか知識を得ることができませんでした。先人の言うことが指標になり嫌でも怒鳴り声に耐え、飲み会に参加し、パワハラセクハラにも耐えることで思考や知識、そしてあの頃は終身雇用を得られると信じていたわけです。

    つまり、野生の思考のように経験が先にくることで思考や理屈が後回しになり、あとになって初めて「あれ?この耐えてきた期間ってなんだったんだろう?」と違和感に気付くのです。

    経験重視の指導は、よく言えば「温かさ」を感じることができました。しかし、理屈をすっ飛ばしたことで、体罰など理不尽な指導がまかり通っていたのも事実です。逆に今の若者はどうでしょうか。簡単に知識を得られるようになった一方で、経験から得られる"温度感"はありません。この、知識と経験の逆転が世代間ギャップを生み出していると思われます。


    それでも知識と経験が伴っていないとレベルアップしない

    ただ、1つ言えることは知識だけではレベルは上がらない、ということです。ドラゴンクエストでも戦って経験値を得ることでレベルが上がりました。村人にボスの情報を聞いて知識だけ増やしてもレベルは上がらないし進めない。知識と経験が1セットで初めてレベルが上がり物語が進むのです。

    結局、今の若者と旧世代の違いは、知識が先か?経験が先か?というところにあります。その中で人生において成功する人というのは知識と経験を1セットとしてレベルアップを目指している人なのではないでしょうか。

    世代を越えたとしても知識と経験は必要不可欠。どちらが先にくるかの違いなだけであって、本当に必要なことは目の前の事象に対して、「なぜこうなのか?」を知識と経験の両側面から考えることなのかもしれません。互いの違いを理解した上で双方歩み寄れば、世代が違っても同じ道を進んでいけるかと思います。


    筆者近影

    【筆者プロフィール】ちばつかさ

    柔道整復師、メンタルケア心理士、元プロ野球独立リーガー。東京と福井で投げ銭制の接骨院「小道のほぐし接骨院」を経営しのべ10万人近くの体と心と向き合う。野球経験を活かし都内で"野球を教えない"野球レッスンも運営。【公式サイト】




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【人手不足に拍車】なぜ、最近の若者は会社をすぐ辞めるのか 世代間ギャップの根幹にあるものとは?】の続きを読む


    人口減少が自衛隊に及ぼす影響に、日本人は気づいていますか?(ロバート・D・エルドリッヂ) - 現代ビジネス
    日本の人口減少、少子高齢化問題は人手不足など、日本の各所に影響を及ぼし始めている。しかし人口減少問題と密接に結びついていながら、ほとんど対策が立てられてい ...
    (出典:現代ビジネス)


    自衛隊
    日本国憲法第9条の下、専守防衛に基づき、国防の基本方針および防衛計画の大綱の定めるところにより、“国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛すること”を基本理念とする(自衛隊法第3条第1項)内閣総理大臣内閣を代表して最高指揮監督権を有し、防衛大臣が隊務を統括する。陸、海、空の三自衛隊を一体的に運用するための統括組織として統合幕僚監部が置かれ、防衛大臣は統合幕僚長を通じて、陸海空自衛隊に命令を発する。

    自衛隊法上の「自衛隊」とは、自衛隊員として含まれない「防衛大臣防衛副大臣防衛大臣政務官防衛大臣補佐官防衛大臣政策参与、及び防衛大臣秘書官」なども含めた防衛省の「事務次官並びに防衛省の内部部局防衛大学校防衛医科大学校防衛会議統合幕僚監部情報本部防衛監察本部地方防衛局防衛装備庁、その他の機関並びに陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊を含むもの」(自衛隊法第2条第1項)とされ、これは「防衛省」とほぼ同一の組織に相当する。一般的には国の行政機関という面から見た場合は「防衛省」、部隊行動を行う実力組織としての面から見た場合は「自衛隊」として区別されて用いられることが多い。

    日本国憲法第9条は国際紛争を解決する手段としての「戦争の放棄」と「戦力不保持」、ならびに「交戦権の否認」を定めているが、政府見解によれば憲法は自衛権の放棄を定めたものではなく、その自衛権の裏付けとなる自衛のための必要最小限度の実力は憲法第9条第2項にいう「戦力」には該当しない。よって、日本を防衛するため必要最小限度の実力を行使することは当然に認められており、これは交戦権の行使とは別の観念であるという立場に立っている。こういった憲法上の制約を課せられている自衛隊は、通常の観念で考えられる軍隊とは異なるものであるが、他方、自衛隊は国際法上は軍隊として取り扱われており、自衛官は軍隊の構成員に該当するものとされている。




    (出典 assets.media-platform.com)


    国家防衛にも人手不足の波が…
    (´ε`;)ウーン…

    1 孤高の旅人 ★ :2019/05/05(日) 13:56:17.75

    自衛官確保 防衛省に危機感 幹部候補の応募4割減「静かな有事」
    5/5(日) 11:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00010001-doshin-soci

     防衛省が、自衛隊の人材確保に危機感を募らせている。幹部候補生の応募が2017年度までの4年間で4割減るなど応募減の傾向が続いているためで、幹部は「静かな有事」と表現する。

     同省は少子化や民間企業の採用拡大を要因に挙げるが、海外での自衛隊の役割を拡大した安全保障関連法制の成立も影響しているとみられる。昨年10月に28年ぶりに自衛官の採用年齢を引き上げたほか、女性の採用などに力を入れているものの、根本的な解決策は見いだせていない。
    採用上限を32歳へ引き上げ
     自衛官の幹部候補生の応募は、13年度の9077人から17年度に5436人に減少。現場部隊の中核になる「一般曹候補生」は3万4534人から2万9151人に、任期制の「自衛官候補生」も3万3534人から2万7510人にそれぞれ減った。

     実際の採用数も自衛官候補生は計画を4年連続で割り込み、17年度は計画の79%にとどまった。危機感を強める政府は、昨年末に改定された防衛計画の大綱(防衛大綱)に「人的基盤の強化」を明記し、人材確保に本腰を入れている。

     募集対象である若年齢層は減少が進む。従来、自衛官の募集対象だった18~26歳はピークの1994年に全国に1700万人いたが、17年は1100万人。同省は昨年10月、自衛官候補生と一般曹候補生の採用上限を26歳から32歳へ引き上げた。90年に24歳から26歳に上げて以来の変更だ。

    防衛省の自衛官募集ホームページに掲載された、お笑い芸人が自衛隊を紹介する動画の紹介コーナー。同省は女性自衛官の採用拡大にも力を入れている
    女性自衛官の採用拡大
     また、採用時の身体検査で体格指数(BMI)の上限を「太り気味」の27から「肥満レベル」の30にする試行も昨年開始。一方、階級別に53~60歳となっている定年年齢も本年度から段階的に引き上げる方針だ。同省幹部は「採用上限引き上げなどで自衛官の高齢化は進む。規模や能力を維持するための『苦肉の策』だ」と漏らす。

     さらに自衛官の6・5%にとどまる女性の採用も増やそうと、女性を配置できる部隊の制限を段階的に解除し、昨年は初めて女性戦闘機パイロットが誕生。若者が応募しやすいように、海上自衛隊は18年度から遠洋での長期勤務に当たる艦艇のほぼ全てで、私有携帯電話のメールを衛星回線を使い定期的に外部へ送信できるようにした。


    【【静かなる有事】自衛隊に人材がが集まらない…日本防衛の危機】の続きを読む


    働き方改革関連法(はたらきかたかいかくかんれんほう)、正式名称「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(はたらきかたかいかくをすいしんするためのかんけいほうりつのせいびにかんするほう)または働き方改革一括法(はたらきかたかいかくいっかつほう)は、日本法における8本の労働法の改正を行うための法律の通称である。



    (出典 www.hataraku.metro.tokyo.jp)

    やっぱり会社にしがみ付いてるだけではダメなんでしゅよ~
    良い子の皆しゃんは自立しましょうね~
    (*´ω`*)

    1 記憶たどり。 ★ :2019/04/22(月) 16:00:37.65

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00010000-flash-peo

    人手不足が叫ばれるなか、大手企業がいま、「早期希望退職」という名のリストラで、45歳以上の人員整理に走っている。

    「『あなたは残っても仕事がない』と言われた。それなりに貢献してきたと思っていたので、ショックで食事が喉を通らなかった」

    NEC社員のAさん(48歳、SE)が胸中を打ち明ける。傷つけられたプライド、将来への不安……。上司の言葉はあまりにも残酷だった。
    会社人生半ばで突然、退職を迫られるサラリーマンの声が悲痛になるのは、無理もない。

    希望退職とは名ばかりの、退職強要まがいの「面談」が精神的に追い討ちをかける。

    「面談者の部長から、『今の部署に残りたいというのであれば、どのように貢献できるのか、示せ』と言われた。
    面談のたびに貢献策を提案したが、部長からは毎回駄目出しを食らった。結局、何を提案しても無駄な抵抗と感じた」(54歳、NEC経理)

    「6回めの面談時に、『面談をやめてください』と何回もお願いしたが、部長は『答え(早期退職の選択)が出ない限り終わらないのよ~』と冷たく言い放った。
    いつまで面談が続くのかと、絶望感に襲われた」(54歳、NEC技術)

    それにしても、なぜ「45歳」なのか。

    「年功序列型賃金で、45歳前後は給料が高い。団塊ジュニア世代でもあり、数が多い。この世代を切れば、コスト削減の効果が大きいのです。

    また、40代以上は『変化に対応しにくい』と考えられている。ミドルを切って、若い社員への新陳代謝を図りたいのです」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏、以下同)

    かつて「社員にやさしい会社」といわれてきた富士通は、今回5000人のリストラを打ち出した。

    「まず5000人を配置転換しようとしたんですが、最初からうまくいかないと思っていました。エンジニアや経理などの間接部門が、営業をやってもうまくいきませんよ。2850人が早期退職に応募しましたが、今後、『第二弾』が始まるでしょう」

    意外だったのはカシオ計算機だという。

    「典型的な年功序列、終身雇用の会社で、部下のいない中高年社員に『副課長』『課長代理』といった肩書を与えてやるような会社だったんですが、
    すっかり変わってしまいました。リストラは会社のイメージも損なうんです」

    3000人を募ったNECは、これまで何度もリストラを繰り返してきた。2012年には、1万人の人員削減を実施している。

    「リストラは、一時的に出血を止める『対症療法』で、根本的な解決にならない。それよりも、新しい付加価値を生むビジネスを作り出すのが経営者の仕事なのに、
    延々とリストラをやっている。まず経営者が責任を取るべきです」

    安易なリストラに走る、経営陣への不信の声は、社員からも聞こえてくる。富士通の50代社員は、こう言った。

    「リストラ以外に方法はないのか、よく検討するべきだ。結局、人を減らして人件費を削減するだけなら、リストラを繰り返すことになるだろう」

    NECの場合、45~50歳で、月収の34カ月分の「割増退職金」が、通常の退職金に上積みされる。割増退職金をもらえるならと、退職に応じる人も多い。
    そして後悔する人も。

    「今となっては、頑として『退職しない』と言い張ればよかった、と後悔している。なにも悪いことをしていないのにクビ切りというのは、本当に酷い仕打ちだと思う」(40代、元富士通社員)

    この社員の声を経営者たちはどう聞くのだろうか。次のページでは、「45歳以上のリストラ」を実施している大企業8社の状況をリストアップする。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1555910890/
    1が建った時刻:2019/04/22(月) 09:36:33.20


    【【これが働き方改革の真実】大企業も安堵ではない!45歳で軒並みリストラの恐怖】の続きを読む

    このページのトップヘ