気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:バレー



    (出典 i.pinimg.com)



    1 しんちゃん(千葉県) [JP] :2019/06/25(火) 10:28:49.13


     サオリンの名で人気を博した元女子バレー選手・木村沙織(32)が、現役復帰すると評判だ。
    東京五輪に、あのスパイクが再び見られるのか、注目が集まっている。

    「今の日本女子バレーは世界ランク6位。メダルにはあと一息という感じで、
    銅メダルまでの距離がどうにも縮まらない。
    そこで『サオリンカムバック』コールが湧き上がってきたのです」(女子バレー関係者)

     サオリンは高校時代、アテネ五輪代表選手として選出された。
    しなやかな体から繰り出すスパイクは「スーパー女子高生」と呼ばれ、以後日本の女子バレーをけん引してきた。

    「身長は185㎝と世界のアタッカーの中で小柄ですが、腕の振りの速さ、
    瞬時に相手のブロックを見抜き方向を変えてワンタッチを狙う能力は世界最高峰と言われました。
    ここ10年の日本バレーは彼女抜きで語れない」(同)

     結果、12年のロンドン五輪はエースとして銅メダルを獲得。16年のリオ五輪まで、五輪4大会連続出場。
    輝かしい戦績を残し、17年に惜しまれつつ引退した。

    「とにかく、今の日本女子は決定力不足です。ベテランの荒木絵里香(34)が健在。
    あとは古賀紗理那(23)、新鍋理沙(28)が攻撃の中心ですが、高さとパワーがなさすぎ。
    スピードとコンビネーションが主体とはいえ、よく世界6位を維持していると思える程」(スポーツ紙記者)

     どうしても役者が足りない中、やはり出たのはサオリンの名だ。

    「荒木も現役だし、木村は世界的に見ても引退する年齢ではない。
    16年に結婚していますが、世界には既婚選手などゴマンといます。
    何より木村がいるだけで盛り上がる。東京五輪には必要不可欠な存在でしょう」(同)

     サオリンといえば男性人気も抜群だった。細身で愛らしい顔立ち。
    中でも特徴的だったのは、胸を揺らしながらのスパイクだ。

    「20代のピーク時など、キレのいいスパイクを打つ姿は、まさにバレー界の華。
    今、水面下で復帰を打診され、10月復帰を目指し調整中との情報も聞こえてきます」(同)

     バレーファンにとっては、大歓迎だ。

    そーす
    https://news.livedoor.com/article/detail/16670290/
    木村沙織 女子バレー10月復帰でぶるぶるアタック


    【【朗報】サオリン現役復帰www】の続きを読む



    (出典 img.sportsbull.jp)


    あれ?
    少し前にも引退しますって言って無かったでしたっけ?
    間違ってたらごめんなさい…
    ゴメンネm(;ω;`m)三(m´;ω;)mゴメンネ

    1 豆次郎 ★ :2019/06/04(火) 14:17:29.50 ID:+w2EFvcl9.net

    6/4(火) 14:05配信
    栗原恵引退「皆さんの存在が原動力」ブログ全文

    バレーボール女子の04年アテネ、08年北京五輪日本代表で「プリンセス・メグ」の愛称で人気を集めた栗原恵(34)が4日、現役引退をオフィシャルブログ、公式インスタグラムで表明した。10日に都内で会見を開く。

    ブログ、インスタグラムのコメントは以下の通り。

    いつも応援してくださる皆さんへ

    いつも温かい応援、ご声援をありがとうございます。

    今日は皆さんにご報告があります。

    私、栗原 恵は17年間の現役生活にピリオドを打つことを決めました。

    現役生活を振り返ると、決して順風満帆とはいかなかったかもしれません。

    しかし、どんな時も信じて味方でいてくださる皆さんの存在が私の大きな原動力でした。

    最後の最後まで「来年も一緒に頑張ろう!」と声をかけ続けてくださった元所属チームの皆さん、そしてまだプレーする姿を見たいと願ってくださっていた皆さん、そして携わってくれた全ての方々へ心より感謝申し上げます。

    現役最後の大会として挑んだ黒鷲旗では、改めて「バレーボールって楽しいな、大好きだな」と感じながら大好きなメンバーたちと共にプレーする事ができ、とても幸せな時間を過ごすことができました。

    これも皆さんのサポートのお陰です。

    17年間 "バレーボール選手 栗原恵" を応援してくださり、本当にありがとうございました。

    バレーボールが繋いでくれた素晴らしいご縁を大切に、今後も過ごしていきたいと思います。

    沢山の感謝を込めて。

    栗原 恵

    ◆栗原恵(くりはら・めぐみ)1984年(昭59)7月31日、広島県能美町(現江田島市)生まれ。鹿川小4年時に父親がコーチをしていたクラブチームでバレーボールを始める。能美中2年の6月に兵庫県姫路市立大津中に転校し、山口・三田尻女高(現誠英高)へ進学し、1年時に高校3冠を達成した。03年にNECに入団後、6チームでプレー。日本代表として04年アテネ、08年北京両五輪、03年、07年W杯、10年世界選手権などに出場した。187センチ、68キロ。血液型B。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-06040377-nksports-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【バレーボール】栗原恵引退「皆さんの存在が原動力」ブログ全文】の続きを読む

    このページのトップヘ