株式会社ソリトンシステムズは、東京都新宿区に本社を置く、ITセキュリティ製品、リアルタイム映像送信、及び組込みシステムなどを開発、販売している独立系メーカーである。 株式会社ソリトンシステムズは、創業者、鎌田信夫(現社長)が大学院(東工大、応用物理・博士課程)修了後、1973年にインテル社に在籍、アメリカ本社での経験を経て、70 年代のシリコンバレーのダイナミックさを体験。 アメリカの良さと日本の良さを併せ持つ新しい会社を創りたいと、その関連業務や応用研究活動で知り合ったジャーナリスト、大学教授、メーカーの研究員など、11人の博士を含む37人の出資により、1979年設立された。



(出典 scan.netsecurity.ne.jp)


中国だとこれがウケると思ったんでしょうかね?
(。´・ω・)?

1 ミントソーダ ★ :2019/06/13(木) 19:54:55.78 ID:twCDI0Ac9.net

中国見本市で日本企業のブース閉鎖、ストレス解消の「トランプたたき」提供
2019年6月13日 16:37
https://www.afpbb.com/articles/-/3229860

【6月13日 AFP】中国・上海で開催中の家電見本市「CESアジア(CES ASIA)」の主催者は13日、ストレス解消をうたってドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の人形の頭をハンマーでたたくアトラクションを提供していた日本企業のブースについて、公人に対する「暴力を用いた無礼」を推奨するものだとして閉鎖したことを明らかにした。


 このブースは、IT企業のソリトンシステムズ(Soliton Systems)が出展。「ストレス解消」を呼び掛けつつ、対中貿易戦争の火ぶたを切ったとして多くの中国人の怒りを買っているトランプ大統領の実物大の頭部の模型を、来場者がハンマーでたたけるようになっていた。

 CESアジアを主催する全米民生技術協会(CTA)はAFPの取材に、ソリトンシステムズに対しては11日に「警告」していたと説明。見本市に出展する各社とは、出展内容が他者を攻撃したり侮辱したりするものではないと確約する契約書を結んでいるとして、「暴力を用いて公人に無礼を働くまねを、われわれは容認しない」と述べた。

 13日、ソリトンシステムズのブースにはカーテンが引かれ、トランプ氏の頭部模型は撤去されていた。

 AFPはソリトンシステムズに取材を試みたが、現時点で回答は得られていない。(c)AFP


【【上海の見本市】ソリトンシステムズ、トランプ大統領を侮辱するアトラクションで炎上する】の続きを読む