気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    タグ:アニメ



    (出典 votecloud.jp)


    世界に誇る日本のアニメ産業も実態はこうなのね
    ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎヾ((;´・ω・)ノぁゎゎ

    1 名無しさん@涙目です。(ジパング) [SE] :2019/06/07(金) 17:52:42.86


    アニメ市場は絶好調、でも儲からないアニメ制作業界 市場退出は過去最多に
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00010000-teikokudb-ind

    近年はアニメ映画などで大ヒット作も相次ぎ、年間のアニメ放送本数は300本以上、版権などを含めた市場規模は2兆円に到達するなど、一大産業へと成長したアニメ業界。
    しかし、その制作現場では近年トラブルが相次いでいる。2019年4月にはアニメ制作大手のマッドハウスが、上限を超えた時間外労働があったとして、新宿労働基準監督署より是正勧告を受けた。

     過去にも作画の乱れなどから立て続けに放送延期、中断が相次ぎ、制作側のキャパシティがパンクする「2016年クライシス」が懸念されたこともあるアニメ制作業界。
    背景には、近年のアニメーター不足に端を発した制作スケジュールのひっ迫や、製作委員会に出資しない限り制作企業に利益が還元されにくいといった、受注産業ゆえの課題などが指摘されている。


    【【ブラック業界】アニメ業界拡大なのにアニメ制作現場の悲惨な状況】の続きを読む


    楽しみ~
    (*´ω`*)

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/06/02(日) 20:09:51.75

    2019年6月1日 20:07

    池田晶子による描き下ろしイラスト。

    (出典 cdnx.natalie.mu)

    大きなサイズで表示(全2件)
    https://natalie.mu/comic/news/333876



    アニメ「響け!ユーフォニアム」シリーズの新作「久美子3年生編」の製作が決定した。

    これは京都・宇治市文化センターにて開催された本作のイベント「『響け!ユーフォニアム』5回目だよ!宇治でお祭りフェスティバル」にて、本日6月1日に発表されたもの。「久美子3年生編」では主人公の黄前久美子たちが3年生へと進級し、新体制となった吹奏楽部で全国大会金賞を目指し奮闘する姿が描かれる。

    続編製作の発表に合わせ、キャラクターデザインを担当する池田晶子描き下ろしの新規イラストとPVも公開。イラストには黄前久美子、久石奏、黒江真由の3人が描かれており、PVは現在上映中の「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」のシーンも含んだこれまでのシリーズを振り返る内容に仕上げられた。なお池田のイラストを使用したコースターが、「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」8週目の入場者プレゼントとして、6月7日より数量限定で配布される。




    「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」

    スタッフ
    原作:武田綾乃(宝島社文庫「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」)
    監督:石原立也
    脚本:花田十輝
    キャラクターデザイン:池田晶子
    音楽:松田彬人
    音楽制作:ランティス
    アニメーション制作:京都アニメーション
    製作:『響け!』製作委員会
    配給:松竹

    キャスト
    黄前久美子:黒沢ともよ
    加藤葉月:朝井彩加
    川島緑輝:豊田萌絵
    高坂麗奈:安済知佳
    塚本秀一:石谷春貴
    中川夏紀:藤村鼓乃美
    吉川優子:山岡ゆり
    後藤卓也:津田健次郎
    長瀬梨子:小堀幸
    久石奏:雨宮天
    鈴木美玲:七瀬彩夏
    鈴木さつき:久野美咲
    月永求:土屋神葉
    田中あすか:寿美菜子
    滝昇:櫻井孝宏

    (c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会


    【【キターーーー】 「響け!ユーフォニアム」3年生になった久美子たち描く新シリーズの製作決定】の続きを読む



    (出典 president.ismcdn.jp)


    _(┐「ε:)_ ドヘー

    【【悲報】サイゼリアさん、あの国民的アニメの登場人物そっくりなキャラをメニューに登場させてしまう。】の続きを読む


    松山ケンイチ×早乙女太一×中島かずき『プロメア』鼎談 松山「プレッシャーがすごくあった」|Real Sound|リアルサウンド 映画部 - リアルサウンド
    人気TVシリーズ『天元突破グレンラガン』『キルラキル』を手がけた今石洋之監督と脚本家・中島かずきが再タッグを組んだ完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』 ...
    (出典:リアルサウンド)


    株式会社トリガー(英: TRIGGER Inc.)は、日本のアニメ制作会社。 アニメ制作会社ガイナックスに所属していたアニメーション演出家の大塚雅彦と今石洋之、制作プロデューサーの舛本和也の3人が2011年8月22日に設立したアニメーション制作会社。



    (出典 www.st-trigger.co.jp)


    昨今良く言われる素人声優問題
    この作品でも物議が…
    (´・ω・`)モキュ?

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/05/23(木) 21:22:11.98 ID:CAP_USER.net

    2019年05月23日 アニメ 映画
    アニメ「プロメア」の一場面(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

    (出典 storage.mantan-web.jp)

    もっと見たい方はクリック!(全11枚)
    https://mantan-web.jp/article/20190523dog00m200019000c.html



     人気アニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」などの今石洋之さんが監督、中島かずきさんが脚本を担当する劇場版アニメ「プロメア」が、新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで24日公開される。

     炎を操る人種バーニッシュによって世界の半分が焼失した世界が舞台。高機動救命消防隊バーニングレスキューの新人隊員ガロの活躍を描く。声優として松山ケンイチさん、早乙女太一さん、堺雅人さん、ケンドーコバヤシさん、古田新太さんらが出演する。

     とにかく映像が美しい。キャラクターが縦横無尽に動き回るダイナミックな表現に驚かされた。「グレンラガン」「キルラキル」の映像表現と同様だ。蛍光色のような独特の色づかいは斬新で、アニメ表現の新境地を切り開いたように感じた。

     勢いもすごい。中島さんの独特で気持ちいいせりふ回しに圧倒され、派手な映像にも圧倒される。とてつもないスピードで物語が展開され、ジェットコースタームービーそのものだ。

     ガロが「グレンラガン」の人気キャラクターのカミナに似ている……とアニメファンの間で話題になっているが、「グレンラガン」ファンが歓喜するであろうサプライズも用意されている。見どころ満載だ。(小西鉄兵/MANTAN)


    【 【話題アニメ映画】「プロメア」アニメ表現の新境地を開拓…声優陣も超豪華】の続きを読む

    マンガ本
    (出典https://www.irasutoya.com/)


    『美少女戦士セーラームーンR』をいろんなタッチの絵で再現したアニメがすごい! シーンごとに絵柄が切り替わるよ! - Pouch[ポーチ]
    日本のツイッターで話題になっていたのが、アニメ『美少女戦士セーラームーン』を、いろいろなタッチの絵で再アニメーション化した海外作品。 シーンが変わるごとに絵の …
    (出典:Pouch[ポーチ])


    クレヨンしんちゃんは途中からどえらい変わってるど~
    (*≧ω≦)キャハハ♪

    人気漫画やアニメ作品には、始まった当初から絵のタッチが変わってきている作品も少なくありません。では、絵のタッチが驚くほど変わった作品にはどのようなものがあるのでしょうか。
    そこで今回は、絵のタッチが変わりすぎだと思う作品について探ってみました。

    1位 名探偵コナン
    2位 サザエさん
    3位 こちら葛飾区亀有公園前派出所
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は『名探偵コナン』!

    「見た目は子ども、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」の決めせりふがおなじみの『名探偵コナン』。アクシデントで大人の頭脳を持ったまま、体が子どもに戻ってしまった主人公江戸川コナンが数々の事件を解決するというストーリー。20年以上連載が続いており、現在単行本は96巻まで発売されているご長寿作品。
    連載開始当初から絵がうまいイメージを持っていた人も多いようですが、連載開始から20年以上経った現在の画力があまりに高いことから、改めて1巻を見ると絵のタッチが全然違うと驚いた人が多数。1位となりました。

    2位は『サザエさん』!

    民的ご長寿アニメサザエさんアニメイメージが強い人が多いかと思いますが、原作は新聞連載の4コマ漫画。当時の絵を見ると、目の描き方や顔のバランス、顔の大きさが現在と全く異なることが分かります
    サザエさんトレードマークである髪形は変わっていませんが、髪形以外の部分を見ると同じキャラクターとは思えないほど絵のタッチがガラリと変わっていることから、2位となりました。

    3位は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』!

    1976年から2016年まで約40年間もの間連載された“こち亀”こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。200巻まで発売されているこの作品の1巻を改めて見てみると、両さんの顔が全く異なることが分かります
    多くの人がイメージしている両さんと比べてかなり男らしく強そうで悪そう。愛嬌が感じられない顔をしていることに驚いた人が多数。3位となりました。

    このように、長く愛されているご長寿作品が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~61位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんは、どの作品を見て絵のタッチが変わりすぎだと思いますか?

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:2,657票
    調査期間:2019年3月29日2019年4月12日
    絵のタッチ変わりすぎじゃない!?と思う作品ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ネット調査】絵のタッチ変わりすぎじゃない!?と思う作品ランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ