気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    カテゴリ:報道 > 結婚、離婚



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/06/26(水) 04:46:36.70 ID:cqKg7qam9.net

    6/26(水) 4:01配信
    早乙女太一と西山茉希が離婚…交際時から波乱万丈、結婚6年を機に再出発

     2013年6月に結婚した俳優の早乙女太一(27)と、モデルの西山茉希(33)が離婚していたことが25日、分かった。2人は今月30日に結婚記念日を迎えるはずだった。

     大衆演劇のスターと人気モデルのカップルとして注目を集めた2人がひっそりと離婚していた。関係者によると、2人はすでに離婚届を提出。5歳と3歳の女児をもうけているが、親権は西山が持つとみられる。

     結婚前から波乱万丈だった。11年夏頃から交際を開始し、翌年2月に交際を発表。その後、同せい状態であることも伝えられたが、同年5月に週刊誌で路上での大げんかや早乙女の「DV騒動」が報じられ話題になった。13年1月には破局が伝えられ、西山も「事実として今まで一緒に住んでいた家は離れました」と同せい解消を認めた。

     しかし同年4月に西山の妊娠と結婚を発表。5月には同居を再開し、6月に婚姻届を提出した。西山は雑誌で「周りのみんなが昔はあれはやっぱりただのけんかだったんだね、て笑ってくれるようになるまで一緒にいよう」という早乙女の言葉に結婚を決意したことを明かし、「私にとってはあれが、プロポーズの言葉みたいなものだった」などと語っていた。

     同年10月に長女を出産。15年6月30日の結婚記念日にハワイで挙式し、翌年4月には次女を出産した。西山は昨年12月に著書のイベントで早乙女について「マイペース。家庭において全く腹が立たないなんてことはないですけど、壮絶なバトルは(結婚前に)やり終えましたから」と話していた。

     ◆早乙女 太一(さおとめ・たいち)1991年9月24日、福岡県生まれ。27歳。幼少期から劇団員として育つ。95年に4歳で舞台デビュー。2003年、「座頭市」で映画デビュー。弟は俳優の早乙女友貴、その妻は元SPEEDの島袋寛子。今年1月、音楽活劇「SHIRANAMI」で主演。

     ◆西山 茉希(にしやま・まき)1985年11月16日、新潟県長岡市生まれ。33歳。スカウトをきっかけに04年にモデルデビュー。05年5月から「CanCam」専属となり、同年6月号で表紙に。10年5月、フジテレビ系「月の恋人」でドラマデビュー。身長168センチ、48キロ。血液型O。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000014-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【悲報】早乙女太一と西山茉希が離婚www】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/06/23(日) 10:28:34.41

    6/23(日) 10:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00000320-oric-ent

    梶裕貴&竹達彩奈が結婚発表

     声優の梶裕貴(33)と竹達彩奈(30)が、きょう23日に結婚したことを自身のツイッターで発表した。

     ツイッターで梶は直筆のコメントを寄せ「私、梶裕貴は本日、声優の竹達彩奈さんと入籍いたしました。心からの感謝の気持ちを込めてご報告させていただきます」と発表。「まだまだ未熟な2人ではありますが、どなた様からも応援していただけるよう、一層の努力を重ねてまいります」と決意を新たにしている。

     同じく竹達も直筆のコメントで「まだまだ未熟な私ですが、笑顔あふれる温かな家庭を築いていきたいと思います」とつづっている。

     梶はアニメ『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役など、竹達は『けいおん!』の中野梓役など、互いに多くの人気作品に出演している。


    【【ファン発狂】梶裕貴&竹達彩奈が結婚www】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/06/22(土) 16:26:17.60

    6/22(土) 16:10配信
     平成ノブシコブシの吉村崇が22日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「おかべろ」に出演。ナインティナイン・岡村隆史とともに、“ガチで交際・結婚したい女優”の名前を挙げた。

     吉村は同期の南海キャンディーズ・山里亮太の蒼井優との結婚に「嫉妬した」と告白。同じく、「嫉妬してる。『おめでとう』(の気持ち)は20%ぐらいやな」と明かした岡村とともに、山里に続けとばかりに“女優との結婚”を夢見るトークを繰り広げた。

     吉村は「米倉涼子さん」と告白。たまに仕事で一緒になるといい、「お綺麗ですよ」とうっとりした。

     以前、自身が進行役を務めていた番組で、テンションが上がった米倉が抱きついてきたことを振り返り「その時の顔のかわいさと、あと、本当に申し訳ない…、当たったんですよ、お胸が…なかなかだな、と思って。すごいぞ、米倉涼子、と思って」と恐縮しながらも、米倉のナイスボディについても力説した。

     岡村は「ガッキー」とうれしそうに新垣結衣の名前を挙げ、「これしかないわ。難しい、難しいけど」と照れた。沖縄でたまたま入ったバーが新垣もよく来る店だったことから、沖縄を訪れるたびにそのバーに行っていることを明かし、「1回も会えない…」としょんぼり。もし新垣にプロポーズするなら?と聞かれ「俺、普通に言うわ。『結婚してください』って」と照れまくりながら話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000074-dal-ent


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【南キャン山ちゃんに続け】ナイナイ岡村がガチで結婚したい女優www】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/06/21(金) 18:46:33.13

    歌手でタレントの中川翔子(34)が19日放送の関西テレビ「関ジャニ∞のジャニ勉」(水曜深夜0・25)に出演。理想の結婚生活について語った。

     「子孫を残さずには成仏できない」と考えている中川。結婚相手は、三十路にもなったということで「猫にやさしい、私のことを否定しない」人であればいいという。ただ、理想の結婚生活を聞くと、中川らしい独特のこだわりが詰まっていた。

     そこには「溶かしたチョコを毎日飲むことを許してくれる」「鍋料理の時、直バシで取るのはやめて欲しい」「できれば別居して欲しい」と、中川ならではの主張が見え隠れ。

    最後の“別居”の件は「うちの家系は男性が早死にするか、いなくなるか…。家に男性が住んでいたためしがない」というのが背景にあるようで、想像がつかないといった様子。夫の方が同居を望んだ場合は「寝室を別々にしていただけたら…」といった条件を提示していた。

     さらに中川らしさがにじみ出ていたのが「毎日、スイカを1玉食べるのを認めてほしい」という希望。ただし「4月から7月いっぱいまでのスイカが一番糖度が高くて、スッキリ、シャッキリしてて(おいしい)。8月半ば過ぎちゃうと熟れ過ぎちゃうんですよね」と中川ならではの“旬”があるという。

    中川は「4カ月ぐらいしか“スイカフィーバータイム”がないので、1日も無駄にしたくないので、なるべく毎日食べたい」と力説していた。

     さらに「3時間凍らせるスイカがベスト。3時間凍らせると絶妙にシャリシャリになっておいしい。それを風呂場に持ち込んで湯船に浸かりながら食べる」といったこだわりの食べ方も披露。常識からは逸脱しているように見えるが、こういった行動にいちいち首をかしげていたのでは、中川の夫は務まらないといえそうだ。

    2019年6月21日 17時36分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16656332/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【悲報】中川翔子の結婚のコダワリwww】の続きを読む


    岩崎 良美(いわさき よしみ、1961年6月15日 - )は、日本の歌手、女優。東京都江東区出身。血液型O型。堀越高等学校卒業。歌手の岩崎宏美は実姉。 1980年2月21日に「赤と黒」で歌手デビュー。代表曲は「涼風」「I THINK SO」「タッチ」「愛がひとりぼっち」「青春」など。現在の所属事務所は株式会社ノックアウト。


    判!判!ここに判~!
    タッチで永遠に食える説…
    _(┐「ε:)_

    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/19(水) 16:02:14.63 ID:TJDjzr1T9.net

    ◆ 歌手・岩崎良美(58)が産婦人科名医と離婚していた

     歌手の岩崎良美が昨年、3歳年上の産婦人科医A氏と離婚していたことが「週刊文春」の取材でわかった。

     岩崎とA氏は5カ月の交際を経て、2011年10月に結婚。A氏は都内の大学病院に勤める産婦人科医で、日本医師会の重職にも就く名医として知られている。

    「A氏とは“動物好き”という共通点があった。リフォームした新居を構え、それぞれが飼っていた猫も一緒に生活を始めました」(芸能デスク)

     しかし去年、結婚7年目にして破局を迎えていた。

    「ご主人が岩崎の“自由奔放さ”に呆れて三下り半を突き付けた。立場ある名医の妻役をうまくこなせなかったようです。飼っていた3匹の猫も『結婚生活を思い出すのがイヤだから』と知り合いに譲ったみたいです」(岩崎の知人)

     岩崎は小誌の取材に対し、「(離婚したのは)去年です。まあお互いに性格不一致ということで」と答えた。

    週刊文春 2019年6月27日号
    https://bunshun.jp/articles/-/12417


    【【朗報】岩崎良美が自由奔放に自由を手に入れるwww】の続きを読む

    このページのトップヘ