気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    カテゴリ:


    渡辺 美奈代(わたなべ みなよ、1969年9月28日 - )は、日本のタレント。おニャン子クラブ会員番号29番。 愛知県西春日井郡西春町(現・北名古屋市)出身。キャストコーポレーションに22年所属し、2014年10月からエヴァーグリーン・エンタテイメントに所属している。血液型はB型。


    辻ちゃんの次の有望株
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/16(日) 00:31:32.27

    渡辺美奈代(49)が自身のブログを更新し、その内容が話題となっている。
    渡辺は先日、「今夜は、、、子供達と三人で焼き肉!子供達よく食べるわ?!ご馳走さまでした」とつづり、親子で焼肉に行ったことを報告。
    ネット上からは「あれ?あんなに作った作り置きがやっぱり出てこない!」「やっぱり作っていないのか?」といった疑問の声が寄せられたばかり。



    (出典 Youtube)
    " target="_blank">(出典 Youtube)

    そんな渡辺が11日に「家族揃ってゆっくり夜ごはん(中略)名古屋風ナポリタン 今夜はホットプレートで」とつづり、夕食のメニューを公開した。

    この投稿に対して、ネット上からはまたしても「パスタ率の高さ!(笑)」「またパスタ?週に何回パスタなの?」「栄養バランスを考えているって言うけど麺類ばかりでびっくりしたわ」といった声が多く寄せられている。

    今回は麺類が多いことを指摘された渡辺。毎日ではないようだが、パスタではない日も外でステーキを食べたという報告があったことから、ネット上ではさらに疑問の声が多く上がってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1873272/
    2019.06.15 10:02 デイリーニュースオンライン

    https://www.youtube.com/watch?v=1SjHSvSVgFY
    渡辺美奈代 両手いっぱいのメモリー


    【【炎上】渡辺美奈代、夕食のナポリタンを披露で「週に何回パスタ?」と批判殺到】の続きを読む


    対中関税で企業は中国から移転、五分五分の合意ない=トランプ氏 - ロイター (Reuters Japan)
    トランプ米大統領は、対中関税の引き上げで企業が生産拠点を中国からベトナムなど他のアジア諸国に移していると指摘し、中国との合意は「五分五分」の合意にはなり得 ...
    (出典:ロイター (Reuters Japan))


    そうかシューズ類もほとんど中国製?
    ( ゚ ω ゚ ) ! !

    1 みつを ★ :2019/05/22(水) 04:00:26.27

    https://www.cnn.co.jp/business/35137264.html

    シューズメーカー170社、対中関税は「破滅的」 トランプ氏に公開書簡
    2019.05.21 Tue posted at 17:38 JST

    ニューヨーク(CNN Business) ナイキやアディダス、アンダーアーマー、フット・ロッカーなど170社を超えるシューズメーカーは20日、トランプ米大統領にあてて公開書簡を送り、トランプ氏が提案している対中製品への関税は米国の消費者にとって「壊滅的」な影響を及ぼすと訴えた。

    メーカーは公開書簡の中で、中国製のフットウエアに対する税を引き上げようとするあらゆる行動は、米国の個人や家庭に短期的、長期的な影響を及ぼすと指摘。多くの企業の経済的な継続性にとっても脅威だと述べた。

    書簡は業界団体のウェブサイトに掲載された。書簡はトランプ大統領をはじめ、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表やムニューシン財務長官、ロス商務長官、クドロー国家経済会議(NEC)委員長にも宛てられている。

    トランプ大統領は今月に入り、中国からの2000億ドル規模の輸入品に課す追加関税を引き上げた。今回の関税引き上げでは工業製品のほか、かばんや帽子、手袋なども対象となった。

    トランプ政権はさらに、これまで課税対象となっていなかった3250億ドル規模の中国製品について25%の関税を課す手続きを開始した。この中には、スニーカーや玩具などの消費者向け製品が含まれている。


    【【米中貿易戦争】シューズメーカー170社、対中関税で終了確定】の続きを読む


    ファーウェイ・テクノロジーズ(漢字略称: 華為技術、簡体字: 华为技术有限公司、英語: Huawei Technologies Co., Ltd.)は、中華人民共和国深圳市に本社を置く通信機器メーカー。 ファーウェイは、1987年に携帯電話のインフラ整備に必要な通信機器を開発するベンダーとして創業。



    (出典 pbs.twimg.com)


    バックドアというのは不正アクセスするための
    抜け穴のようなものなのです
    (*´・ω・`)b デスゥ♪

    1 Toy Soldiers ★ :2019/05/20(月) 22:04:16.53 ID:kWauspXa9.net

     米ドナルド・トランプ大統領は5月15日、米国企業に対し、安全保障上の脅威となる外国企業の通信機器の調達を禁止する大統領令に署名した。ここで述べられた「外国企業」が中国のファーウェイを指していることは明白だ。

    それから24時間も経たないうちに、オランダの諜報機関AIVDが、ファーウェイに対する調査を開始したと現地メディアのVolkskrantが報じた。ファーウェイには、オランダでの中国のスパイ活動に関与した疑いがもたれているという。

    記事は関係筋の情報として、「ファーウェイはオランダの大手通信キャリア3社のデバイスに、バックドアを潜ませ、データを収集していた疑いがある」と伝えている。AIVDは、これらのバックドアと中国政府のスパイ活動の関連を調査中という。

    AIVDや通信キャリアは、コメントを避けている。「当局は報道された件を肯定も否定もしない。進行中の案件に関わる質問には回答しない」とAIVDはVolkskrantの取材に応えた。

    トランプの大統領令への署名を受けて、米国商務長官のウィルバー・ロスは「この命令は外国の諜報機関による、米国の国家機密の略奪を防ぐためのものだ」と述べた。オランダの諜報機関が、素早い反応を見せたことは彼らにとって非常に喜ばしいはずだ。

    米国は昨年から中国の通信機器メーカーに対する危機感を高めており、とりわけファーウェイを問題視してきた。欧州は米国がファーウェイの追放を目指す上で、非常に重要な拠点だ。

    先日、ロンドンを訪問したマイク・ポンペオ米国務長官は「米国の同盟国の間にセキュリティの不備があるとしたら、国同士の信頼が損なわれる。西側諸国の同盟関係にヒビを入れることが、中国の望みだ」と述べていた。

    ポンペオはさらに「米国にはアメリカ企業が活動を行う国で、セキュリティ上のリスクが発生していないことを確認する義務がある」とも述べていた。

    イタリアでも「バックドア」が発見

    AIVDはかつて「我が国にセキュリティ上の脅威を与えようとする国の企業が製造した、ハードやソフトを用いることは危険だ」と警告していた。これは、中国やロシアを指した発言だと思える。

    ただし、今回の問題はオランダだけでなく、さらに広範囲に広がりそうだ。匿名のCIA関係者は英タイムズの取材に対し「ファーウェイは中国政府の諜報機関の資金援助を受けている」と述べていた。

    さらに、ブルームバーグは4月30日の記事で、「ボーダフォンが2011年から2012年にかけてイタリアで導入したファーウェイの通信デバイスに、バックドアが見つかった」と報じていた。

    仮に今回の報道が事実であるとすれば、ファーウェイはイタリアと同様の行為をオランダでも行っていたことになるが、それを証明するためには何らかの証拠が必要になる。

    いずれにせよ、トランプの大統領令が英国やその他の欧州諸国にさらなる頭痛のタネを与える中で、今回の事態はさらに問題を悪化させる可能性がある。

    https://forbesjapan.com/articles/detail/27317/1/1/1

    ★1:2019/05/20(月) 14:36:15.84
    ※前スレ
    【 |ω・`)チラッ】オランダでファーウェイ製品の「バックドア」発見、政府が調査 イタリアでもバックドア発見★2 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558344403/


    【【 |ω・`)チラッ】オランダでファーウェイ製品の「バックドア」発見、政府が調査…別の国でも続々と】の続きを読む

    韓国高速鉄道
    (出典https://4travel.jp/)

    日本では考えられんわ…
    ((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

    NO.7471868 2019/05/18 22:07
    韓国高速鉄道、割れた窓にテープを貼って運行
    韓国高速鉄道、割れた窓にテープを貼って運行
    019年5月15日、韓国・JTBCによると、韓国高速鉄道(KTX)が割れた窓ガラスにテープを貼った状態で運行していたことが分かった。

    記事によると、同日午前9時30分にソウルの龍山駅を出発した木浦行のKTXは、客室の窓が割れた状態だった。

    窓には半透明の接着シートが貼られていたが、運行中はシートが風で激しくなびき、速度が上がるほど隙間風の音が大きく客室内に響いたという。

    割れた窓の横に座っていた客は別の席に移動したものの、目的地に着くまでの2時間ほどを不安な気持ちで過ごしたという。

    同客は「席を前日に予約をした。

    その時点で(窓が割れていることを)通知するべきではないか」と話している。

    問題のKTXは14日夜に馬山駅からソウル駅に向かう途中に線路の砂利が跳ねてぶつかり、窓が割れたという。

    KTXを運営する韓国鉄道公社(KORAIL)は「すぐに代替できる列車がなかったためマニュアル通りに臨時措置をした。安全面に問題はなかった」と説明したという。



    【日時】2019年05月17日 11:20
    【ソース】Record China
    【関連掲示板】


    【【朗報】韓国高速鉄道さん割れた窓にテープを貼って走るwww】の続きを読む


    新型トヨタ・スープラ【価格/スペック/全カラーバリエーション】 - MotorFan[モーターファン]
    ついに日本でも公式デビューを果たしたトヨタ・スープラ。エンジンは直列6気筒3.0Lと、2種類のチューン違いが用意される直列4気筒2.0Lで、計3グレード構成となる。
    (出典:MotorFan[モーターファン])


    GR」初の専売車種となり、車名にも「GR」が冠された。したがって、5代目スープラには「TOYOTA GR SUPRA」(トヨタ・ジーアール スープラ)の別名が与えられた(国土交通省へ届け出た車種名は「トヨタ・スープラ」のまま)。 



    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    超絶カッコ良いコンセプトカーからビビるほど劣化してる事は内緒…
    (*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン♪

    1 みつを ★ :2019/05/17(金) 17:11:32.54 ID:+VW1GmH39.net


    (出典 lbtj5mrpxdozo4ktm4frcl3zk4vegc56wbpox5cz5m4kbf5kasaq.cdn.ampproject.org)


    トヨタ、新型スープラの販売を開始
    2019年5月17日

    トヨタ自動車は、新型スープラを、5月17日より、全国のトヨタ車両販売店を通じて発売した。

    なお、外板色“マットストームグレーメタリック”の「RZ」において、本年度生産分24台の商談申し込みを、5月17日(金)13:00から6月14日(金)までの約1ヶ月間、Web限定で受け付ける。商談順は、抽選の上、新型スープラが参戦する第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース決勝当日(6月22日~23日)に発表する。

    新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となるグローバルモデル。2007年にドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースに初めて参戦してから現在まで、モータースポーツを通じて人とクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んできた。これまでの取り組みでTOYOTA GAZOO Racingが蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ、お客様に心から走りを楽しんでもらえるクルマ「GR Supra」として新たに誕生した。

    今回、新型スープラは、BMW社との包括提携による初の商品であり、マグナ・シュタイヤー社グラーツ工場(オーストリア)で生産している。海路にて運ばれた後、トヨタ自動車元町工場を経由し、日本中のお客様に届けられる。

    5代目となる新型車は、2002年に生産終了してから17年ぶりの復活。初代スープラが1978年に誕生して以降、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型車でもこの2つを継承した。加えて今回は、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した。

    https://f1-gate.com/toyota/supra_49302.html


    【【新型スープラ!】トヨタさん5月17日から販売を開始したけど一般人には買えないのよね…】の続きを読む

    このページのトップヘ