気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    カテゴリ:報道 > 災害



    (出典 www.abc-tenpo.com)


    キャー!
    みんな逃げて~!
    ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎヾ((;´・ω・)ノぁゎゎ

    1 記憶たどり。 ★ :2019/06/05(水) 14:23:23.95

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190605/k10011941501000.html

    表紙にこう書いて避難を呼びかける東京 江戸川区の水害のハザードマップが「あまりにも潔すぎる」とインターネットで大きな反響を呼んでいます。

    「ここにいてはダメです」

    江戸川区は11年ぶりに水害のハザードマップを改訂し、先月、区内の全世帯に配布したほか、インターネットで公開しました。

    マップは洪水や高潮によって荒川と江戸川が氾濫すると、区内のほぼ全域が浸水するという最悪の想定が示され、被害の発生前に、
    区の外に避難をするよう区民に求めています。

    この表紙の地図には、江戸川区の場所に「ここにいてはダメです」と太字で書かれていて、この率直な表現が「あまりにも潔すぎる」
    としてインターネットのSNSで大きな反響を呼んでいます。

    ツイッターへの書き込みでは「江戸川区民ですがこれはひどい」、「まさか自分が住んでる区から『どっか行け』って言われるとは思わなくて笑っちゃった」、
    「お母さんもドン引きしていた」などと、戸惑いの声が多く見られました。

    一方、「正直でよろしい」、「江戸川区職員さんの勇気と責任感に尊敬」、「ここまではっきり書かれていれば、誰もが躊躇(ちゅうちょ)なく避難できるのでは」
    など、被害の大きさを率直に伝える内容を評価する声も多くありました。

    なぜ、「ここにいてはダメです」といった自治体としては異例の表現をつかったのか。

    江戸川区防災危機管理課の本多吉成統括課長は「江戸川区で大規模な水害が起きると、大部分が浸水し、しかも浸水時間が長くなる。
    ここにいては危険で、そうなる前に安全な場所に逃げてほしいということで、このことばを使った。ハザードマップを見てもらい、
    いざというときにどういう行動をとるかを今から考えてほしい」と話しています。


    ここにいてはダメです

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【防災】東京都江戸川区のハザードマップに住民がドン引きの事態…】の続きを読む



    (出典 johosokuhou.com)


    車の被害も恐ろしい…
    ((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

    1 ガーディス ★ :2019/06/01(土) 03:13:01.19

    今月上旬に降った大粒のひょうで、群馬県のウメ農家に深刻な被害が出ている。多くのウメの実に傷が付き、その被害額は3億円を超えている。

     群馬県高崎市ではちょうど今、ウメの収穫の時期を迎えているのだが、よく見るとポツポツと小さな穴が。さらに、小池農家では梅干しや梅酒用などで出荷する予定だったウメが大きな被害を受けた。原因は、今月に入って各地で頻繁に降ったひょうだ。群馬県に限っても広範囲でひょうが降った。ひょうが降った時間はわずか20分。しかし、その被害は甚大だった…。県によると、ひょうによるウメの被害は高崎市など4市町で約3億3000万円に上ると言う。そんな深刻な状況のなか、群馬県内の直売所ではウメ農家のためにポップを設置。深刻な打撃を受けたウメ。県は市や町と連携し、被害の大きい農家などに助成することを検討している。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16548086/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【自然怖い】わずか20分で3億円超…ひょうでウメ農家の被害深刻…】の続きを読む


    雨雲レーダーに映り込む「謎の直線」、原因は観測所近くの高層ビル? 気象庁に聞いてみた - ねとらぼ
    雨雲レーダーにいつも出ている「謎の直線」をご存知でしょうか。知る人ぞ知るこの現象に「高層ビルが原因である」と仮説を立てたツイートが注目を集めています。
    (出典:ねとらぼ)



    (出典 sokuup.net)


    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 10分間電マを当ててイキ我慢 ★ :2017/05/12(金) 20:46:08.06 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     降水レーダーに、突如として現れた真っ赤な円。「天使の輪か?」「使徒に襲来されているのでは?」などと、ツイッター上で話題を集めました。見事なまでに円状の輪ですが、果たして本当に雨が降ったのか? あるいはシステムの故障? 気象庁に聞いてみました。(朝日新聞編集センター記者・軽部理人)

    【画像】浜松で円状に分布する謎の雨雲、その正体は?

    直径10キロ 突如として真っ赤な円
     気象庁のホームページで公開されている降水レーダー「高解像度降水ナウキャスト」に、その「円」が現れ始めたのは、5月12日の午前7時前。場所は、静岡県の浜松市・磐田市近辺です。直径10キロ超の円が、突如として浮かび上がりました。円状の地域は1時間に80ミリ以上の豪雨になっているはずですが、この周囲には他に雨雲と呼べるような印は一切ありません。

     気象庁のレーダーは他の気象情報サイトなどにも提供されているため、それらの降水レーダーにも同様の円が出現。そのことから、「浜松で何が起きているんだ……」などとネット上で話題を呼びました。

     果たして、この円は何なのか? 気象庁に聞きました。

    気象庁「レーダーの異常」
     気象庁によると、謎の円の正体は「レーダーの不具合」とのこと。浜松市にある国土交通省の「XバンドMPレーダ」が異常をきたしたそうです。このXバンドMPレーダは、高精度な雨量データをほぼリアルタイムで配信することができるシステムで、国交省が運用地域を広げています。降水ナウキャストはこのXバンドMPレーダのデータを利用しています。

     今回はこのXバンドMPレーダに不具合が生じ、午前6時56分~午前8時27分にかけ、降水ナウキャスト上にて円が浮かび上がりました。これに気づいた国交省が、すぐに観測を停止したそうです。気象庁によると、円の輪状に雨が降ったという事実は「ない」とのこと。ちなみに浜松のレーダーは、午後3時現在も観測自体が止まっています。

     気象庁の担当者は「異常はごくまれに起こるが、このように円状になったことは記憶にない」と話しています。

     ちなみに、気象情報会社「ウェザーニューズ」も同様の問題を把握。全国に30万人いるウェザーリポーターからの報告では、浜松・磐田市の近辺では雨が降っていなかったそうです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000004-withnews-sci


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【【神秘現象】「天使の輪?」「使徒襲来?」雨雲レーダーに現れた円状の雲が謎すぎると話題 】の続きを読む


    静岡 浜岡原発で防波壁の高さ超える津波の可能性 - NHK NEWS WEB
    静岡県にある浜岡原子力発電所について、中部電力は、津波が防波壁の高さを超える22.5メートルに達する可能性があると明らか…
    (出典:NHK NEWS WEB)


    浜岡原子力発電所
    浜岡原子力発電所
    (はまおかげんしりょくはつでんしょ)は、日本静岡県御前崎市にある中部電力唯一の原子力発電所。1号機から5号機まで5つの発電設備があるが、1号機と2号機は2009年1月に運転を終了した。敷地面積は160万m2(東西1.5km、南北1km)で、PR施設である浜岡原子力館が併設されている。

    東海地震の予想震源域のほぼ中央にあり、活断層が直下にあるという説まで発表されており、またトラブルが多発していることなどから耐震性の不足が懸念されている。また、以前は高さ10m - 15mの砂丘で高さ(斜面遡上高)8mの津波を防ぐ想定になっていたが、2011年3月11日東北地方太平洋沖地震における福島第一原子力発電所事故の教訓から、同年3月16日に2、3年以内に地上高4m(標高、海抜12m)ほどの防波壁を作る計画が発表された。翌4月に海抜15mへの変更が決定されたが、7月22日に発表された新策定では、地上高は海抜18mへとさらに引き上げられ、完成予定も2012年12月と大幅な前倒しとなった。





    (出典 pds.exblog.jp)


    浜岡原発は本当に大丈夫
    なのか?



    めちゃくちゃ海の傍やんかこれ…
    ヤバいやろ
    ((((;゚ω゚))))ガクガクブルブル

    1 一般国民 ★ :2019/05/25(土) 01:25:07.06 ID:q9Hd9GvB9.net

    南海トラフ巨大地震で…静岡・浜岡原発への津波 防波壁超える最大22.5mの新試算 中部電力

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00022453-tokaiv-bus_all
    2019/5/24(金) 22:22配信 YAHOO!JAPAN NEWS,東海テレビ

    画像:中部電力浜岡原発 静岡・御前崎市

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     中部電力は南海トラフ巨大地震で浜岡原発に押し寄せる津波について、
     防波壁の高さを超える最大22.5メートルとする新たな試算を明らかにしました。

     浜岡原発の再稼働を目指す中電は、これまで南海トラフ巨大地震による津波の高さを最大21.1メートルと想定し、
     2016年に海面からの高さ22メートルの防波壁を完成させています。
     中電は24日の原子力規制委員会の会合で、より厳しい条件で行った新たな試算として、
     津波の高さが防波壁を0.5メートル上回る最大22.5メートルになる可能性があると報告しました。

     中電は「あくまで参考値」として津波対策の前提にはしない考えですが、
     規制委員会や地元から防波壁のかさ上げなどを求められれば、
     再稼働に向けたスケジュールがさらに不透明となります。


    【【南海トラフ巨大地震】静岡・浜岡原発への津波 防波壁超える可能性が判明】の続きを読む


    「南海トラフ地震臨時情報(巨大地震警戒)」が発表されたら、日本経済はどうなる?(福和伸夫) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
    南海トラフの震源域の半分で地震が起きたら被災地は甚大な被害を受けます。残りの地域は被災地を支援しつつ、後発地震に備え事業継続しなければ、日本は委縮し経済 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    南海トラフ(なんかいトラフ、英: Nankai Trough)は、四国の南の海底にある水深4,000m級の深い溝(トラフ(舟状海盆))のこと。東端を金洲ノ瀬付近のトラフ狭窄部、西端を九州・パラオ海嶺の北端とする。



    (出典 www.data.jma.go.jp)


    ひえ~!
    怖いよ~!
    (((´゚ω゚`)))ガタガタ

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/05/21(火) 18:18:56.78 ID:pdOjEqAO0●.net BE:512899213-PLT(27000)


    (出典 img.2ch.net)

     5月10日、宮崎県日向灘でM6.3の大きな地震が発生し、最大震度5弱を記録した。震源が南海トラフの西端に位置することから、今回の地震がさらなる大規模地震に
    つながる可能性を懸念する学者も少なくない。そこで、過去の地震データを独自解析してみた筆者は、日向灘で地震が起きる条件について新たな発見を得ることが
    できた。南海トラフ巨大地震などの大災害につながる可能性も含めて報告したい。

    ■日向灘で大地震が発生する条件とは!?

     今回、日向灘でM6以上の地震が起きたのは実に5年ぶりのこと。気象庁は「直ちに南海トラフでの巨大地震につながるものではない」との見解を発表したが、
    これが(騒ぎをすぐに収束させたい)政府の意向を「忖度」したものではないか、と各メディアやネット上でさまざまな憶測が飛び交った。
     では、実際のところ大地震が続く可能性はあるのか、筆者は過去(18世紀以降)に日向灘で起きた地震データを独自に調べてみた。その際、現在エルニーニョ現象が
    発生中であることを踏まえ、過去の地震とともにエルニーニョまたはラニーニャ現象が起きていたかどうかも含めて調べ上げた。ちなみにエルニーニョとは、
    熱帯太平洋で見られる気候変動現象で、太平洋東部の海面水温が平年より高く、西部では低くなる。ラニーニャはその逆で、太平洋の赤道付近で海面水温が低くなる現象だ。
     では以下に、これまで日向灘で発生した地震の一覧を示す(エルニーニョまたはラニーニャ発生中に起きたものは、その旨も記している)。

    はい、どーも、トカナでーす
    https://tocana.jp/2019/05/post_96544_entry.html


    【【警告】「南海トラフ巨大地震」は発生目前か!? 過去の日向灘地震を分析して判明】の続きを読む

    このページのトップヘ