気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    カテゴリ:報道 > 国内



    (出典 vox.athome.co.jp)


    そうなんだよね日本は何でも型にハメたがると思う
    もっと大らかにに生きた方が楽しいよ~
    …と自分に言い聞かせる
    (@´σд`)ふぅ-ん

    21 名無しさん@涙目です。(ジパング) [US] :2019/06/05(水) 17:51:44.23

    >>1
    世界中のマナーを知った上で
    比べたら日本だけだったの?


    【【疑問】日本人が言うマナーって「俺がこれだけ我慢している。お前らも我慢しろ」と言ってる様に聞こえるが】の続きを読む


    世界銀行(せかいぎんこう、略称:世銀、英語: World Bank)は、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関である。本部はアメリカ合衆国ワシントンD.C.。加盟国は189ヶ国。 



    (出典 apptimes.net)


    最低~♪
    最低~♪
    最低だ~♬
    グオラァァァー!!
    (# `)3′)▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ

    1 みつを ★ :2019/06/06(木) 04:03:05.72

    https://www.afpbb.com/articles/-/3228590?act=all

    【図解】世界銀行の経済成長率見通し
    2019年6月5日 19:36 
    発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

    【6月5日 AFP】世界銀行の経済成長率見通しについてまとめた図。(c)AFP


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【悲報】世界銀行の経済成長率…日本最低の見通し〈図解〉】の続きを読む


    気温(きおん)とは、大気温度のこと。気象を構成する要素の1つ。通常は地上の大気の温度のことを指す。
    天気や気候について考えるときの気温は「地上の気温」である。気温は温度計により測定するが、構造や測定値の特性が異なるいくつかの種類の温度計が存在するため、測定値を利用する際に留意する必要がある。地上の気温の測定方法は世界気象機関(WMO)により規定されており、地上から1.25〜2.0mの高さで、温度計を直接外気に当てないようにして測定することと定められている。なお日本では、気象庁が測定高さを1.5mと定めている。


    このまま秋になって…
    お願い
    Q_(´ρ`υ))))パタパタ

    【【夏になるのが怖い…】京都でなんと41度超えの暑さ!】の続きを読む


    廃棄ロス」を営業費用に含める習慣を採用しており、売れ残って廃棄された商品分のロイヤリティを本部に支払う必要がある。本部が「機会ロス」を最小限に抑制すればするほど、加盟店の発注は増え、売れ残ろうが廃棄されようが、本部の利益だけは確実に増大する。



    (出典 www.city.minato.tokyo.jp)


    いつも奥に手を突っ込んで取ってる人…
    ( ˘•ω•˘ ).。oஇ

    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/18(土) 13:15:48.67

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000041-zdn_mkt-bus_all

    スーパーの鮮魚売り場や精肉売り場で、棚の奥に手を突っ込んで商品を取り出し、
    より新鮮なものを選ぼうとするお客を見かける。棚の前に残された消費期限切れが迫った商品は、
    廃棄を防ぐため閉店間際に値引き販売されるのが一般的だ。

    この「後ろから取る客」はコンビニにも存在するが、加盟店のオーナーにとっては悩ましい存在だ。
    消費期限が近づいた商品ばかりが棚に残ってしまうため、廃棄のリスクが高まるからだ。

    ローソンは5月17日、新しい食品ロス削減プログラムを発表した。現時点では実験的な取り組みだが、
    何げなく新しい商品を棚の奥から取るお客を減らす効果が見込めるかもしれない。

    ■ローソンの打ち出した方針とは

    ローソンは6月11日~8月31日までの間、食品ロス削減プログラム「Another Choice(アナザーチョイス)」
    を開始する。これは、消費期限が近い商品を購入したお客に対してポイントが付与されるだけでなく、
    満足に食事がとれない子どもたちに寄付が届く仕組みになっている。

    アナザーチョイスが実施されるのは、愛媛県のローソン(218店)と沖縄県のローソン
    (231店、いずれも2019年4月末時点)。朝と昼に納品されるおにぎりや弁当などの対象商品に、
    工場で「Another Choice」のシールが貼付される。

    Ponta会員とdポイントカード会員のお客が、夕方以降にその商品を購入すると、対象商品合計金額(税抜)
    に対して100円につき5ポイントが購入月の翌月末に付与される。また、対象商品の売り上げ総額(税抜)の
    5%が、貧困などに苦しむ子どもを支援する取り組みに対して寄付される。これらのポイントや支援金を
    負担するのは本部側だ。

    ローソンは愛媛県と沖縄県での実験結果を踏まえ、実験エリアを拡大し、施策をブラッシュアップしながら
    全国展開を目指す。さらに、売り上げ当たりの食品ロスを30年度までに50%削減(18年度比)する目標も掲げた。

    ■廃棄ロスを減らす取り組みはしてきたが……

    商品ロス問題に対し、ローソンはどのように取り組んできたのか。例えば、商品の発注システムを改良し、
    売れ残りが発生しにくいようにしてきた。また、商品の鮮度管理を徹底することでサラダや総菜などの
    販売時間を延長したり、店内調理品の値引き販売を実施したりしてきた。

    しかし、まだまだ十分とはいえない。その象徴的な商品がおにぎりと弁当だ。ローソンでは各店の判断で、
    おにぎりや弁当の値引き販売が行われている。しかし、食品廃棄を減らすという目的を達成するには
    「今までの値引きだけではうまくいかない」(ローソンの竹増貞信社長)という問題意識があった。
    加盟店のオーナーからも、おにぎりや弁当の廃棄を減らす取り組みを打ち出してほしいという声も上がっていたという。

    ■お客への意識改革につながるか

    もちろん、新しい商品から取っていく行為が悪いというわけではない。例えば、朝に購入したおにぎりを
    夜に食べたいと考えているお客が、食中毒のリスクを避けるため、消費期限を確認するのは仕方のないことだ。

    ただ、いつものクセでなんとなく棚の奥に手を突っ込んでしまうようなお客は、今回のキャンペーンを目にして
    食品ロスに対する意識が高まるかもしれない。キャンペーン期間中、おにぎりや弁当を並べる棚には
    このプログラムを告知するポップが展開される。そのポップを目にすることで、「子どもの支援のためならば……」
    と購買行動が変わるかもしれない。

    ローソンの実験は、食品ロスを減らすことにどれだけ寄与できるだろうか。


    新しい商品を買いたいお客は一定数いる

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1558144343/
    1が建った時刻:2019/05/17(金) 20:43:19.03


    【【みんなはどうしてる?】コンビニを悩ます「棚の奥に手を突っ込んで後ろから取る客」解決策はないのか?】の続きを読む


    実業家の堀江貴文氏(46)が5月15日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で会見を開き、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告人について、「もし有罪判決を受けたとしたら、出てこられるのは15年以上先になってしまうのではないか。それまで気力がもつかどうか、他人事ながら心配」と語った。

    今回の記者会見は、ロケット打ち上げについてのものだったが、外国人記者から「ゴーンさんの話もしてほしい」とリクエストが挙がった。堀江氏は日本の司法取引制度への懸念を示した。

    「情報を持っているわけではないので、ゴーンさんが有罪なのか無罪なのかは分かりません。ただ、今回の件で明らかにいえることは、司法取引制度を検察が使いたくて、その最初の案件としてゴーンさんの案件を使ったんだろうなということです。

    日本の司法取引制度は欧米諸国とちがい、主犯格の人は使えないけれども、共犯者は使えるという『片側だけが使える制度』です。ゴーンさんは一方的に追い詰められるだけになっています」

    また、堀江氏は実在の人物が主人公になっている映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を紹介。

    「映画の主人公は、欧米の司法取引制度を使ったおかげで刑期が短くなりました。僕も日本にああいう司法取引制度があったら利用していたと思います」とした。

    弁護士ドットコムニュース

    ホリエモンが検察批判「ゴーンさんが心配」「日本の司法取引制度は一方的」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ホリエモンロケットが覆した霞が関の常識 - PRESIDENT Online
    5月4日、ホリエモンこと堀江貴文氏が出資するスタートアップ企業「インターステラテクノロジズ(IST)」は、小型の観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げに成功した。
    (出典:PRESIDENT Online)


    堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 - )は、日本実業家著作家投資家タレントである。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。sns media&consulting株式会社ファウンダーインターステラテクノロジズ株式会社ファウンダー、株式会社7gogo取締役、日本ゴルフ改革会議委員Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)である。元ライブドア代表取締役社長CEOである。身長173.5㎝。血液型A型



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    確かにそうかもね~
    (。╹ω╹。)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【経験者は語る】ホリエモンが検察批判「日本の司法制度は…」】の続きを読む

    このページのトップヘ