気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    カテゴリ: 新技術



    (出典 publicdomainq.net)



    1 キビチー(庭) [US] :2019/06/21(金) 07:14:19.78


    ‪インク不要 色褪せなし 新印刷技術を開発|NNNニュース
    http://www.news24.jp/sp/nnn/news16223976.html

    インクが不要、しかも極小サイズでカラー印刷を可能にする技術を京都大学の研究グループが開発した、
    と発表した。環境にやさしく、色褪せしないという新技術は大きな可能性を秘めている。

    指先に乗せられたフェルメールの絵画。さらによく見ると、「モナリザ」や「葛飾北斎」の絵が。

    1mmに満たない非常に小さなサイズに、インクを使わず精密なカラー印刷を可能にする技術を京都大学の研究チームが開発した。

    京都大学iCeMSの記者会見で、伊藤真陽特定助教は「インクを使わず、環境にやさしい」と強調した。

    コガネムシの表面やクジャクの羽など、自然界には、ミクロサイズの多重構造に光が反射することで、生み出される「構造色」と呼ばれる色彩がある。

    伊藤真陽特定助教らの研究グループは、色素がなくても発色する自然界の仕組みに注目。
    プラスチックなどの素材に、表現したい色や形がでるよう光を照射。酢酸などの溶液に浸すことで、小さな亀裂を生じさせ、
    人工的に発色する構造を作り出すことに成功した。

    この技術を使えば、通常の印刷で求められるレベルの40倍の解像度を実現でき、しかも色褪せることもないという。

    京都大学iCeMS伊藤真陽特定助教は「非常に安く構造色をつくることができます。
    特殊な材料を使用しない工業用のポリマーのみですので、非常に安くできる」と話している。

    研究グループは、インクの使用量の削減の他、高度な偽造防止技術が求められる紙幣や身分証明書などへの活用を目指したいとしている。

    画像

    (出典 i.imgur.com)


    【【エプソン、キャノン大慌て】インク不要 色褪せなし 新印刷技術を開発される】の続きを読む



    (出典 low-theme.com)


    我が家の壁に採用!
    _(┐「ε:)_

    1 きつねうどん ★ :2019/06/17(月) 12:37:19.41


    (出典 assets.media-platform.com)


    Movie: NCState/YouTube

    『バットマン』の愛車・タンブラーはこれでできてるのかも。

    映画のなかの世界では、たとえば敵からの攻撃にびくともしない装甲車が出てきます。では実際に、完全に防弾の乗り物をつくることはできるのかというと、不可能ではないようです。とはいえ、重くなって移動しづらくなるという別の問題が浮上するのですけど。

    そんななか、ノースカロライナ州立大学で新たに開発された素材が複合金属発泡体(CMF)です。これは、チタンや合金などの枠に囲まれた、極小のピンポン玉のような金属ボールの集まりからできています。ダンボール箱からガジェットを取り出すとき、小さな発泡スチロールのボールを片付けたことのある人は、CMFがどんな構造か想像しやすいかもしれませんね。

    表にセラミックを、裏には薄いアルミ板を、その間にCMF素材を挟んだ複合パネルは、重たい鋼鉄の鎧と同等の防弾性が期待できるそうです。


    (出典 Youtube)


    実験は、紛争地域で飛び交うもっとも厄介な発射物に等しい状況で行なわれました。

    用いられたのは、毎秒500m~885mという速度で飛んでくる、0.50口径の弾丸と0.50口径の徹甲弾。その結果、CMF素材の複合パネルは、弾を受けると形を崩しながら弾丸のエネルギーの最大75%を吸収し、徹甲弾ならエネルギーの最大78パーセントを吸収できました。同じ防弾力が期待できる鋼鉄製の装甲パネルであれば、少なくとも2倍の重量になるとのことです。

    この新しいCMF素材には、装甲車の安全性、操縦性、燃費の向上、大幅な軽量化、そして鋼鉄よりも必要な材料がはるかに少ないといった利点が挙げられます。研究者たちは、セラミックとアルミニウムの厚さを最適化し、パネルのさまざまな層をまとめる接着剤を改善することでいっそう軽量化できると考えているとのこと。また、このCMF素材はX線、ガンマ線、中性子線を遮断するのに非常に効果的であることが見出されており、鋼鉄のプレートの2倍の温度まで火・熱に耐えられるといいます。

    たぶん、CMF素材は将来的に軍事にとどまらず、宇宙船をゴミや放射線から保護すること、さらには自動車をより安全にすることなど、さまざまな有望な用途が期待できるでしょう。もっとも身近なところで、スマホの素材として使われるようになれば(物理的な意味で)これ以上の端末保護はないのではないでしょうか。

    https://www.gizmodo.jp/2019/06/composite-metal-foam.html


    【【夢の新素材】鋼鉄より強い。金属でできた発泡スチロール】の続きを読む


    ホンマ世の中便利になるよね~
    (´・ω・`)

    1 Hikaru ★ :2019/06/17(月) 17:39:09.37

    未来の家、配線不要に?=部屋中どこでも無線充電-東大
    JIJI.COM 2019年06月17日17時23分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061700814&g=soc

     東京大は、部屋中どこでもワイヤレス充電できるシステムを開発し、17日に実証用の部屋を公開した。
    スマートフォンの充電や照明の点灯などが部屋のどこにいても可能で、
    将来的には「電池が切れないIoT(モノのインターネット)」システムの実現につながるという。

     現在のワイヤレス充電は、スマホなどを充電パッドの上に置く方式が主流。
    部屋中どこでも充電可能にするには、安全性や効率、機器のサイズなどの面から課題が多かった。

    「夢の機械」は夢に?=洗濯物畳むロボ、ベンチャー倒産

     東大の川原圭博教授と大学院生の笹谷拓也さんらは、壁や床に送電機構を埋め込み、
    磁界を発生させて室内空間に電力を送るシステムを開発。
    約3メートル四方の部屋を研究室内に造り、実用性を検証した。

     17日のデモンストレーションでは、約10センチ四方の受電用アンテナを付けたスマホが部屋の中で充電される様子などが公開された。
    100ワット程度であれば安全上問題はなく、将来的には数キロワットの電力を送ることも可能だという。

     笹谷さんは「人が意識することなく、身の回りの機器が勝手に充電されるような世界を目指したい」と話している。

    ◇ 東京大の研究チームが開発した、「部屋中どこでもワイヤレス充電」。
    部屋内のスマートフォンが充電されたり、電球が点灯したりしている=17日午後、東京都文京区の同大学

    (出典 www.jiji.com)


    【【IoT】部屋中どこでも無線充電出来る!未来の家、配線不要に? 】の続きを読む


    第5世代移動通信システム (5Gからのリダイレクト)
    5th Generation, 「5G」(ごジー、ファイブジー)と略記される。1G、2G、3G、4Gに続く無線通信システムである。 3G時代から移動体通信の標準化を行っていた3GPPではRelease 15以降に5Gの仕様を含めている。 



    (出典 assets.media-platform.com)


    これはいいね!
    (・ω・*)ィィネ!!(*・ω・)ィィネ!!ヾ(*・ω・*)ノィィ――ネ!!!!

    1 次郎丸 ★ :2019/06/15(土) 23:33:36.62

    信号機20万基を5G基地局に 高速大容量を低コストで 政府IT新戦略
    2019.6.14 18:10
    https://www.sankei.com/politics/news/190614/plt1906140024-n1.html

     政府は14日、官民の総合的なデジタル戦略をまとめた「IT新戦略」を閣議決定した。自治体が全国に設置している20万8千基の信号機を第5世代(5G)移動通信システムの基地局として活用できるようにすることが柱だ。高速大容量で産業を飛躍的に成長させる5Gをめぐり国際競争が激しさを増す中、既存の設備を使って早期に低コストで技術を普及させ、勝ち残りを狙う。

     今年度中に信号機に設置する5Gアンテナの仕様案などを策定し、5Gの本格的な商用サービスが始まる来年度から実証実験を行う。令和7(2025)年度に全国展開を完了させることを目指す。

     超高速、低遅延、多数同時接続を特性とする5Gは自動運転や遠隔医療などを実現し、生活や産業構造を一変させる。国際競争を左右する技術として基盤整備が急がれている。

     5Gの電波の飛ぶ距離は数百メートルから1キロメートル程度と現行の4Gと比べて短い。5Gのサービスを全国に行き渡らせるためには「4Gの約57万局よりも多くの基地局を設置することが必要」(総務省担当者)だ。

     5Gの電波を割り当てられたNTTドコモなど携帯4社は4Gの基地局を設置する場所に5Gの基地局も設置していく計画だが、都市部ではビルの屋上など設置に適した場所は飽和状態。信号機を活用できれば、コストを抑えながら迅速な整備が可能になる。

     信号機では基地局の設置と合わせ、通信ネットワーク化も進める。通信機能のある信号機は現在、3割程度にとどまるが、これが全体に広がれば、災害時に信頼できる通信網として活用できる。信号機から周辺の交通情報を収集・送信することで、自動運転の早期実現にも弾みをつけられる。

     今後は総務省や警察庁が中心となり、携帯事業者や自治体などと信号機の利活用の具体策などについて協議を進める方針だ。

     またIT新戦略には、都道府県ごとに運営する運転免許のITシステムを統一してコスト削減や手続き簡略化につなげるなど、デジタル技術を活用した自治体の行政サービス効率化策なども盛り込んだ。


    関連
    【第5世代(5G)移動通信システム】5G普及へ、全国の信号機を活用 IT新戦略、20万基を基地局に
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560487634/


    【【次世代通信網】信号機20万基を5G基地局に 高速大容量を低コストで普及】の続きを読む


    第5世代移動通信システム (5Gからのリダイレクト)
    5th Generation, 「5G」(ごジー、ファイブジー)と略記される。1G、2G、3G、4Gに続く無線通信システムである。 3G時代から移動体通信の標準化を行っていた3GPPではRelease 15以降に5Gの仕様を含めている。 



    (出典 www.sbbit.jp)


    日本オワタ…
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] :2019/06/16(日) 02:33:45.75


    5G覇者を目指す中国ファーウェイ、米国が本気で恐れるその実力とは
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00797/053000001/

    5G覇者を目指す
     米国政府がファーウェイの締め出しを急ぐ狙いは、次世代通信規格「5G(第5世代移動通信システム)」分野におけるファーウェイの躍進を阻害することにほかならない。5G分野ではファーウェイは米国が恐れるほどの実力を備えている。5G標準に関する主要企業の特許の件数で、ファーウェイは1970件(2018年末時点)と最も多い。

    5G標準に関する主要企業の特許出願件数(自己申請、2018年末まで)


    (出典 i.imgur.com)

    ↓標準5G関連全体で見た特許

    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】日本勢、5G競争で完全に蚊帳の外。特許すら無し】の続きを読む

    このページのトップヘ