気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    カテゴリ:エンタメ > CM


    サムスン電子(サムスンでんし、朝鮮語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。



    (出典 www.mag2.com)




    ヤバいよヤバいよ~
    _(┐「ε:)_

    1 Felis silvestris catus ★ :2019/06/19(水) 07:38:43.36

    https://snjpn.net/archives/138171
    流浪のものさんのツイート

    豪でこんなサムソンのCMが流れてました…。

    ワサビはまだしもBGMが君が代です。

    各種レストランで滑稽な客を演じるというシリーズで日本だけではないのですが、国歌はちょっと…。

    (略)


    (出典 Youtube)


    【【悲報】オーストラリアのサムスンのCMにあの歌が】の続きを読む



    (出典 shop73-makeshop.akamaized.net)


    お父さん可哀そう…
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 Egg ★ :2019/06/17(月) 14:24:21.63

     16日に公開された「カゴメ野菜一日これ一本」のスペシャルCMがネット上で物議を醸している。

     父の日である16日に公開されたCM「カッコイイおとうさんのじょうけん」。CMにはDAIGOが父親役で出演しており、「カッコイイおとうさんのじょうけん」として、「ちからもちなこと」「ゴメンなさいばっかりしないこと」「いつもシャキッとしてること」などが挙げられているが、DAIGO演じる父親はそれを守れず。しかし、「ぜんぶできなくても…みゆをずっとまもってくれること」というナレーションが入り、父娘が抱き合うという、親子仲を感じさせるCMとなっていた。

     しかし、このCMについてネットからは、「おかあさんバージョンでさんざんこういうの炎上したのにまだこういうことやるのか…」「世界で一番働いてる日本の父親にまだお前の働きは足りないと言いたいわけ?」「痛いのがへっちゃらとかいつもシャキッとしてるのがかっこいい?意味が分からん」という声が殺到。物議を醸してしまった。

    「昨年2月には、NHK『おかあさんといっしょ』で“うたのおにいさん”を務めていた横山だいすけの歌う楽曲『あたしおかあさんだから』の歌詞が、ネットを中心に大炎上。『おかあさんだから……』と自己犠牲を強いるような言葉に多くの子を持つ女性などが反発し、横山や、歌詞を書いた絵本作家ののぶみ氏が謝罪する事態となりました。今回のCMについても、時代とともに各家庭のあり方が変わっていく中で、『条件』という言葉で父親像を括ったことに対し、違和感を覚えたネットユーザーが続出してしまったようです」(芸能ライター)

     現在、カゴメの「カッコイイおとうさんのじょうけん」というハッシュタグには、妻から夫に対するクレームが多く書き込まれる事態になっており、これについてもネットから「早速男叩きに使われてる。こういう間違えた使い方されるって予想できなかったのかね?」「父の日に父親叩きするハッシュタグ作るカゴメひどすぎる」という指摘が寄せられていた。

    2019年6月17日 12時30分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16631822/

    写真
    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)


    【【炎上】カゴメのCM「カッコイイおとうさん」】の続きを読む



    (出典 img2.news-postseven.com)


    木下優樹菜@yuuukiiinaaa
    • Instagram写真と動画



    藤モン遺伝子濃いめ…
    ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎヾ((;´・ω・)ノぁゎゎ

    1 muffin ★ :2019/06/08(土) 20:25:59.47 ID:LBoTFhVh9.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/08/0012409019.shtml
    2019.06.08

    タレント・木下優樹菜が8日、インスタグラムを更新。夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史との間に2012年8月に誕生した長女・莉々菜(リリナ)ちゃん(6)がCMデビューすることを明かした。

    インスタで「今日は長女の…初CMで付き添い」と報告。「#ママは裏方w」「#サポートしまくってたら」「#ママまじうるさい。て」と初めてCM出演する愛娘を裏方スタッフとしてサポートしていたこと、娘から「まじうるさい」と言われてしまったことなどを伝えた。

    写真は楽屋のような場所での自撮り写真。鏡越しに、次女・茉叶菜(マカナ)ちゃん(3)の姿も写り込んでいる。

    SNSを通して、莉々菜ちゃん、茉叶菜ちゃん姉妹の成長を見守ってきた人も多く、“長女初CM”投稿は50分で「いいね!」が2万件を超える反響となっている。


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com


    【【芸能】木下優樹菜 長女がCMデビューに大反響!】の続きを読む


    ZARD(ザード)は、日本の女性歌手・坂井泉水を中心に結成された音楽ユニット。1991年始動。芸能事務所はSENSUI。レコード会社はビーイング、レーベルはB-Gram RECORDS。 各メンバーの脱退時期は所属事務所から正式には公表されていない。



    (出典 pbs.twimg.com)


    出来れば泉水ちゃんの声で聴きたかったな~
    (。・ω・。)ノぁぃ♪

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/06/06(木) 05:41:11.72

    2019年06月06日 CM 芸能
    新CM「母娘の揺れる想い」編の一場面

    (出典 storage.mantan-web.jp)

    もっと見たい方はクリック!(全2枚)
    https://mantan-web.jp/article/20190605dog00m200088000c.html



     2007年に急逝した坂井泉水さんの音楽ユニット「ZARD」の名曲「揺れる想い」が、23年ぶりに大塚製薬「ポカリスエット」のCMソングに使用されることが6月6日、明らかになった。同曲は93年にポカリスエットのCMに採用されて、ミリオンセラーになった名曲。新CM「母娘の揺れる想い」編で、母娘を演じる吉田羊さんと鈴木梨央さんがカバーし、CM中で歌を披露している。8日から全国放送される。

     鈴木さんは撮影まで「揺れる想い」を聴いたことがなかったといい、吉田さんに「歌ってみてどうだった?」と聞かれると、「難しかったけれど、熱い曲ですね。サビもカッコいい」と感想を述べた。一方、吉田さんは「26年前にこのCMを見て育った人はキュンとすると思うよ」といい、鈴木さんから「懐かしいみたいな?」と聞かれると、「そう。そのときのことをにわかに思い出すと思うよ。26年前、何してたかなあ」と振り返っていた。

     このほかに、CMの「真夏のカーリング」編、「プールでテニス」編、「恋のささやき」編、楽曲フル尺バージョンも公開された。CMはいずれも水を張る前のプールで撮影され、掃除をしている様子や、テニスの練習している様子、恋バナに花を咲かせる姿などが映し出されている。



    (出典Youtube)


    (出典Youtube)


    【【ZARD】名曲「揺れる想い」が26年ぶりにポカリCMに!】の続きを読む


    池田 エライザ(いけだ エライザ、1996年4月16日 - )は、日本の女優、モデル、グラビアアイドル。 福岡県出身。エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。 フィリピンで生まれ、福岡県で育った。父が日本人で母はフィリピン人の歌手でモデルである。 


    あっそうなんや…
    (´・ω・`)

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/31(金) 08:26:04.60 ID:tyd/DjRf9.net

    ◆ 『三太郎』“親指姫”の正体は池田エライザ 実は17年末からCM登場

    auの“三太郎シリーズ”新テレビCM『新しい物語~親指姫登場』篇がきょう31日より全国で放映される。前作『新しい物語~新しい鬼』篇で正体が隠されていた三姫の母親「親指姫」を女優・モデルの池田エライザが演じていることが明らかになった。

    前回、“ヤバイ鬼”によって傷だらけになった鬼ちゃん(菅田将暉)を見て鬼退治を 決意した三太郎(桃太郎:松田翔太、浦島太郎:桐谷健太、金太郎:濱田岳)と三姫(乙姫:菜々緒、かぐや姫:有村架純、織姫:川栄李奈)たち。そんな彼らの前に突然現れた小さな女性の正体は、池田演じる三姫の母親・親指姫だった。親指姫の登場に盛り上がる三太郎と三姫を見て、存在を忘れられた鬼ちゃんがすねた様子で「鬼退治の件ですが」と話を本題に戻そうとすると、「私、知ってるよ!」と親指姫が答え、三太郎たちを驚かせる。親指姫も本格参戦し、三太郎たちの新たな物語がいよいよ始る…。

    このほど、親指姫のプロフィールも公開に。親指サイズの小さな姫だが、乙姫、かぐや姫、織姫の親であり、性格は明るくて、超自由なママ。親指を出して「いいね!」とサムズアップのポーズをするのがクセ。 三姫のことも「いいね!」「いいね!」とほめて育ててきたとか。「板Phone」を愛用しているという噂も?

    また親指姫は、実は2017年12月1日OAの「auピタットプラン」『餅つき』篇からずっと三太郎CMに登場しており、その時からひっそりとインスタグラムを更新してきたことも公表された。三太郎CMキャラクターが公式SNSアカウントを開設するのは彼女が初めて。インスタの中では、これまでのCM撮影時の様子を親指姫の視点で 投稿しており、CMのどの位置に親指姫がいたのか、投稿写真をヒントに探してみるといった楽しみ方もできそうだ。

    2019/5/31(金) 0:00 オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000317-oric-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 isao001.com)



    (出典 Youtube)


    【【なんですと?】auのCM『三太郎』“親指姫”の正体はあの人だった】の続きを読む

    このページのトップヘ