気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    カテゴリ:エンタメ > 有名人



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 プティフランスパン ★ :2019/06/24(月) 23:38:15.20

    タンカー防衛は自国で=ホルムズ海峡通過、日本などに要求-トランプ米大統領
    2019年06月24日22時43分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2019062401129

    (出典 www.jiji.com)


     【ワシントン時事】トランプ米大統領は24日、ツイッターで、日本や中国などに対し、中東の原油輸送の大動脈ホルムズ海峡を通過する自国の石油タンカーは自分で守るべきだと主張した。「なぜ米国が代償なしに他国のために輸送路を守っているのか」と指摘。「米国は最大のエネルギー生産国になっており(ホルムズ海峡に)とどまる必要さえない」とも述べた。

     トランプ氏はこれまでも同盟国に対し「応分の負担」を求めており、原油輸送路防衛についても同様の認識を示した形だ。ホルムズ海峡付近では13日、日本などのタンカー2隻が攻撃を受け、米国は「イランがやった」と非難。米海軍第5艦隊が日本のタンカーの救援活動を行った。


    【【悲報】トランプ大統領は日本を守ってくれないwww】の続きを読む



    (出典 www.sbbit.jp)



    1 Ψ :2019/06/23(日) 09:06:45.30

    将来に備えてお金を貯めることばかりにとらわれるのは、
    いますぐやめたほうがいい。さもなければ、きっと後
    悔することになる――。堀江貴文氏はそう警鐘を鳴らす。



    https://toyokeizai.net/articles/-/287299


    【【悲報】「後悔するから」と庶民に警告する心優しいホリエモンwww】の続きを読む


    辛坊 治郎(しんぼう じろう、1956年4月11日 - )は、日本のニュースキャスター、シンクタンク経営者である。読売テレビアナウンサー→理事・報道局解説委員長(局長待遇)などを経て、株式会社大阪綜合研究所代表を務める。また、読売テレビ時代より芦屋大学客員教授も務める。読売テレビ時代には、情報番組のプロデューサーを務めたこともある。



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 一般国民 ★ :2019/06/23(日) 04:45:30.48

    辛坊治郎「再生可能エネルギーの固定価格買取制度の価格推移とその理由」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00010023-nshaberu-soci
    2019/6/22(土) 8:01
    YAHOO!JAPAN NEWS,ニッポン放送

     キャスターの辛坊治郎がニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月13日放送)に出演。
     経済産業省が終了を検討している再生可能エネルギーの固定価格買取制度について解説した。

     固定価格買取制度
     太陽光発電など再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の終了を、経済産業省が検討していることが6月12日に分かった。
     固定価格買取制度は作られた電気の量を一定価格で電力会社が買い、その費用を電気料金に上乗せする仕組み。
     再生エネルギーの拡大と消費者の負担を減らせる新制度を作る方向で議論を進め、2020年度の法改正を目指す。

     飯田)太陽光の買取価格が高すぎるということが言われていた。そういう部分もあるのですかね?

     辛坊)もともと、再生エネルギー潰しで始まった制度だと思います。

     飯田)最初は潰しだったはず。

     辛坊)なぜかと言うと、
        「再生エネルギーが増えれば増える程、あなたたちの電気代が上がるでしょう。
         再生エネルギーなんてコストがかかるばかりで、こんなものはダメだから原発をやりましょうよ」
        と言うために始めた制度なのです。
        自然エネルギーは高いなどと言う人がそういう制度にしてしまったので、太陽光発電の原価は実質タダです。

     飯田)お日様はね。

     辛坊)太陽光発電で計算するとき、どこに設置するかで地価などに換算すると、1キロワット当たりは確かにかなりの値段になる。
        パワーコンディショナーという交流と直流を変換する装置は寿命があり、10年に1度くらい変えないといけないのでお金がかかりますが、
        太陽光パネル自体はずっと使えるので、発電を始めてしまうとランニングコストはタダで済むわけです。
        太陽光発電は安くあがるのに、このFITが始まったときに“1キロワット当たり48円”という、とてつもない値段で買い取ったのですよ。
        あり得ないだろうと。私はそれ以前から太陽光をやっていて、最初は電気代を買う値段と売る値段がイコールで、大体1キロワット20円でした。
        売っても買っても同じくらいというフェアなトレードだったのですが、FITが始まった途端、それまで20円くらいで買い取ってくれていたものが、
        10年限定ですが1キロワット当たり48円になったのです。この10年間、うちはその分儲かった。

     飯田)儲かったのですね(笑)。

     辛坊)でもそれが全部、他の家の電気代に上乗せされて、どんどん電気代が上がって行った。
        こちらはそんなことは頼んでいないのです。
        酷い話で、私の家はいちばん最初だったので今年で切れるのですが、キロワット当たりいくらに戻ると思う?

     飯田)20円くらいですか?

     辛坊)8円だよ。

     飯田)8円まで落ちるのですね。

     辛坊)これが酷い。つまり、こんな余計な制度が導入されていなかったら、ずっと20円で何十年と行けていたものを、10年だけ48円とドッカーンと上がって、
        世の中全体の自然エネルギーに対する恨みを掻き立てた挙句、私の家はこの先8円ですよ。

     飯田)そうなっちゃうのですね。


    【【悲報】太陽光発電の固定買取制度を自己中解説する辛坊治郎さんwww】の続きを読む


    ラサール 石井(ラサール いしい、1955年10月19日 - )は、日本お笑いタレント俳優司会者声優演出家である。本名及び旧芸名、石井 章雄(いしい あきお)。愛称ラサール。 石井光三オフィス所属。




    (出典 prt.iza.ne.jp)



    1 muffin ★ :2019/06/23(日) 11:22:29.77

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906230000248.html
    2019年6月23日10時45分

    ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(46)が、23日に放送された爆笑問題の太田光(54)がMCを務めるTBS系「サンデー・ジャポン」の番組内で、年金問題をめぐり政府に説明や制度の改善を求めたデモの参加者を「税金泥棒」と表現し、ネット上で賛否の声があがっている事についてコメントした。

    堀江は「まず(デモの)映像を見て、気持ち悪い」と話すと、「このメッセージとか、参加している人たちの太鼓叩いているのとか、超イヤだ。絵ズラとしてイヤなの」と話した。

    杉村太蔵から「参加者に対して失礼では」と振られ、「プロ市民みたいなの。気持ち悪い。最後にセリフで『このクソ野郎が』といっているのと同じですよ。これが1番バズって、左翼っぽい人が沸いてきて、ほとんど(ツイッターで)カバーした。

    (ラサール石井が『頭よくない』とツイートしたことには)ツイートを見に行ったら鍵アカで、自分の批判は受け付けないけど、安全地帯から爆弾を投げるみたいな。卑怯な。

    結局、安倍総理が嫌いな人たちが、安倍さんを政権から下ろしたいところの、ああいう人たちがメインなの。年金なんて、昔から終生賦課方式に変わった時点でヤバイ。少子化になったら、給付される年齢がどんどん後にしないと成り立たない。とはいえ、年金の運用はちゃんとしている。増やしている。が、過去の人たちがつくった責任。グリーンピアとかつくって食い物にしてきた人たちとか、年金のお金を無駄遣いして大変なことやって来た人たちの責任を被って頑張ってやってきているのに、そんな人たちに文句を行っても仕方がない」とコメントした。


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【悲報】安全地帯から爆弾を投げる卑怯者のラサール石井さんwww】の続きを読む


    那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 - )は、日本のキックボクサー、総合格闘家。千葉県出身。TARGET/Cygames所属。血液型B型。『神童』、『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意の左ストレートは『ライトニング・レフト』の異名を持つ。RISE世界フェザー級王者。ISKA世界フェザー級王者。



    (出典 spread-sports.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/23(日) 00:08:07.45 ID:tWM7WWk49.net

    プロボクシング元世界3階級制覇の亀田興毅氏(32)とキックボクシングの“神童”那須川天心(20)=TARGET=が22日、
    インターネット放送「Abema TV」の「1000万円シリーズスペシャルマッチ」で特別ボクシングルールのエキシビションで拳を交えた。

    試合開始からジャブで那須川が有利に試合を進め、「最後のリング」という亀田氏は那須川のスピードについて行けず。
    3回には両者がヘッドギアを外し、足を止めての打ち合いを見せた。

    那須川はKO負けを回避し、番組から亀田への1000万円流失を阻止。
    試合後、リングで「亀田選手ありがとうございました。今まで、あんまり言われたりしなかったんですけど、自分が不利とか言われて、ちょっと見返してやろうって気持ちでいっぱいでした。
    ジャブが自分の作戦だった。亀田選手のガードが堅かったので最後まで崩せなかったです。
    男の意地を感じました。亀田選手に感謝したいです」とコメントした。

    一方、亀田氏も「拳交えて思ったんですけど、(那須川は)ボクシングの能力がすごく高い。まだ若いので3戦目か4戦目で世界タイトル。
    目もいいし、度胸もいい。ボクシングの方が金になるよ」とボクシング転向を勧めた。
    試合を見守ったガッツ石松(70)は「天心君、ボクシング転向しな。今の時代、世界チャンピオンになれるぞ」と那須川を絶賛。
    「この企画あと2、3回やってから、亀田ジムに所属。俺が教えてあげる。教えるのうまいんだよ。OK牧場」と言って会場を笑わた。

    試合前の視聴者の予想は那須川が46%、亀田が54%だった。

    亀田氏は2017年5月に「亀田興毅に勝ったら1000万円」で同シリーズ第1弾を行っており、
    5時間の生放送で2000人以上の一般応募者による予選会を通過して選ばれた4人の挑戦者を1試合3分3回のボクシングルールで勝ち抜いている。
    那須川も18日に「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」で約3500人の中から審査とトーナメントを通過した2人の挑戦者を下しており、今回のスペシャルマッチは同番組の頂上対決となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000324-sph-fight
    6/23(日) 0:05配信


    【【悲報】ボクシング界の重鎮にスカウトされる那須川天心www】の続きを読む

    このページのトップヘ