気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬

    カテゴリ: グルメ



    (出典 pukapukalife.com)



    天ぷらの歴史 | 天ぷら百科

    全国 天ぷら (てんぷら)
    人気ランキングTOP20



    油で揚げてる時点でジャンクフード認定www
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 みなみ ★ :2019/06/24(月) 19:56:44.98

    2019-06-24 11:12
    http://news.searchina.net/id/1680002?page=1

     中国メディア・東方網は22日、さっくりとしていながら油っこさのない日本の高級な天ぷらの見事な食感を生む職人の「こだわり」を紹介する記事を掲載した。

     記事は天ぷらについて、16世紀にポルトガルの伝道師が日本に持ち込んだ舶来の食べ物であると紹介。その後、徳川家康が好んで食べるなど、江戸時代以降に広く日本で食されるようになったとしている。

     そして、東京にある日本屈指の天ぷら専門店の職人に「天ぷらを作る際にこだわっている部分はな何か」と尋ねたところ、「第1に食感、第2に味、第3に視覚。食感はサクッとして、味は香り高いと同時にしつこくないこと、そして視覚では食欲が起こるような造形が必要」との答えが返ってきたことを伝えた。

     そのうえで、サクッとした油っこくない食感を出すうえで特に重要な要素である揚げ油について、職人は自ら探し求めた複数種類の油を最も適した割合でブレンドすると紹介。「その細かい味の違いは素人にははっきりとは分からないが、造詣の深い人は一口食べただけですぐ分かるという。そして、一度使用した油は二度と使わないとのことだ」と説明している。

    以下ソースで読んで


    【サクッとして全然油っこくない日本の高級天ぷらが凄い!】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 峠 ★ :2019/06/23(日) 18:42:06.31

     4人組歌謡コーラスグループ・純烈が23日、大阪・天王寺で新曲「純烈のハッピーバースデー」発売イベントを行った。
    2回公演で2000人のファンが声援。酒井圭一(44)は「メンバー脱退の大スキャンダルもありましたが、
    なんとか解散せずにここに立っています。マダムパワーすごいです。2年連続の紅白目指して頑張ります」と感謝した。

     昨年紅白に出場したこともあり、ギャラが上がったと喜ぶメンバー。後上翔太(32)は「10月に新車を買います」とにやり。
    一方、白川裕二郎(42)は「株と為替を増やそうかと」と堅実さをアピールした。結成10周年を迎え、
    小田井涼平(48)は「10年ひと昔。歴史ができたので、また新しい1ページ目をここから。(会場は)アイドルの聖地と
    聞いた場所なので、異種格闘技じゃないですけど、一緒にやってみたいですね。ファン層が若干…。敬老の日にしようか」と苦笑いした。

     この日は、中華そば専門店「天下一品」を展開し、2年前から純烈を応援するピアレスホールディングス・
    木村勉会長(84)も応援に駆けつけ、メンバーとマネジャーに1年間のラーメン無料特別カードを贈呈。
    木村会長は「CD30枚買いました。純烈の宣伝はできる限りやりたい。紅白でたら、純烈年越しラーメン。
    おいしいのを作ります」と全面応援を約束。小田井が「(妻の)LiLiCoは自腹かなぁ」と話すと木村会長は
    「奥さんの分もカード作ってあげて!」と即発行が決まるなど、太っ腹だった。

    新曲発売イベントで、天下一品1年間無料券を木村勉会長(中央)からもらった純烈のメンバー(左から酒井一圭、白川裕二郎、1人おいて後上翔太、小田井涼平)

    (出典 hochi.news)


    ソース スポーツ報知 06/23 18:28
    https://hochi.news/articles/20190623-OHT1T50153.html


    【【悲報】“天一”のラーメン1年間無料特別カードを贈呈する太っ腹の木村社長】の続きを読む



    (出典 www.olive-hitomawashi.com)



    1 ガーディス ★ :2019/06/23(日) 12:01:26.08

    「羊羹(ようかん)は30年持つ」という説が、2019年6月中旬から、にわかにネットで拡散している。それによれば「羊羹は賞味期限をとりあえず1年としているが、実際には30年持つ」ということだそうだ。

    この拡散された言説に派生して「登山や災害の保存食に有用」「19年前のものでも食べられた」という話もネットに広まった。しかしこれらの噂に対し、「安易な過信は危険」「食中毒のおそれもある」と警鐘を鳴らす意見も共有されている。

    羊羹が30年持つという根拠は何なのか。J-CASTニュースはある老舗の和菓子メーカーに、専門的な見解を取材した。

    砂糖が水分と結びつき、長持ちするが...
    取材に応えたメーカーは、まず羊羹にも煉(ねり)羊羹・蒸(むし)羊羹などいくつかの種類もあり、その中で賞味期限が最も長いのは、煉羊羹だとした。他の羊羹では原材料や製法によっては短い賞味期限のものもあるとした。

    「あくまで自社の商品に限って」という前提で、このメーカーが製造する煉羊羹は砂糖を多く含み、全重量の60%ほどを占める。煉羊羹はもともと長時間加熱することにより水分が少なくなる。砂糖には水分と結びつきやすい性質があるため、水分が吸収される。さらに煉成後熱いうちに密閉されるため、酸素が遮断されて細菌やカビが極めて繁殖しにくい。これが長持ちする理由だそうだ。

    しかしその煉羊羹でも、メーカーが定めた賞味期限は「未開封で製造から1年間」。未開封で保存状態がよければ、さらに1年は食べられる。しかしそれ以後の品質は保証できないようで、「本当に30年経ったものでも食べられるか」については、

    「実際に過去に長期間保存された羊羹を召しあがられたという事例もございました。その事例では、保存環境がよかったので食べることは可能でしたが、一般的には、蜜が多く出たり、砂糖の再結晶化や色が若干変色したりと、変化が生じる場合が多いので、『おいしさ』の観点からも、おすすめできません」
    という答えだった。あくまで保存環境がよければ、ということであるし、風味も落ちるので勧められない。

    ボツリヌス菌増殖の恐れも
    羊羹といっても実に多種多様な種類がある。同じ煉羊羹に分類される商品でもメーカーによって成分・製法は異なる。水分の多い水羊羹や砂糖の含有量を減らした煉羊羹もあり、それらは細菌が繁殖しやすくなって保存性を損ねるという。

    記者が他社の羊羹を調べてみたところ、確かに生菓子と同様の1週間程度の賞味期限になっているものもあった。

    また、包装で酸素が遮断されているからといって過信は禁物である。ボツリヌス菌が増殖し、食べると重篤な食中毒を引き起こす恐れもある。

    羊羹はあくまで和菓子であって、長持ちするといっても非常食・保存食として作られていない。特に長期保存用に販売されているもの以外は、賞味期限内に美味しく食べるのがやはりよいだろう。安易に風説を信用するのは危険である。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16663881/


    【【トリビア】羊羹の賞味期限は30年説】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/06/22(土) 17:31:57.61

    6/22(土) 11:00配信
    J-CASTニュース
    「おっさん用の裏口が欲しい...」 タピオカを買うのが恥ずかしい男性たちに、その「本音」を聞いてみた
    男はタピオカを買いづらい?

     「タピオカ屋には私の居場所がない」――と題された文章がネット上で話題を呼んでいる。この筆者は男性。女性人気の高いタピオカを、居心地の悪さからなかなか買うことができない――という、ちょっと切ない告白だ。

     店舗でタピオカを「一人で買いづらい」「並びにくい」と思う男性は、この筆者に限らず少なからずいるらしい。J-CASTニュース編集部はネット上で同様の悩みを抱える男性達とコンタクトをとり、話を聞いた。

    ■いろんなお店を周りたい、買いたい→けれど恥ずかしいからできない

     筆者は甘いものが好きなおじさんと、ことわった上で話を始める。色々なタピオカのお店を周りたい。けれど恥ずかしいからできない。

     ケーキ屋などなら恥ずかしくはないがタピオカは若い女性ばかりで無理という。女性と一緒に行けばいいという解決策を思いつくが、隣に若い女性がいても、自分は浮いてしまうから無理だと空虚な様子だ。

     これは女性専用車両に男が乗車することと似ていて、「若い女性ばかりだから私がいる場所ではない」と思い、タピオカに対しても同じような感情を抱いた――。

      この文章は2019年6月16日、ブログサービス「はてな匿名ダイアリー」に匿名で投稿された。姉妹サービスの「はてなブックマーク」でも19日までに300人以上がブックマークし、ツイッターでも「行列に一人で並んでみようとは思えない」「おっさんが混じるのは確かに厳しいと思う」といった意見も出ている。

     編集部はツイッターのダイレクトメッセージ(DM)や電話で、同じように考えている男性たちから悩みを聞いてみた。

    「タピオカ=女性」のイメージがもたらす買いづらさ

     20代の社会人Aさんは「先入観をもっていることはわかっているつもりだが、一人で買いたいけれど並んでいる女子高生や店員が可愛くて、タピオカは可愛い女性のイメージが強い」と述べる。タピオカには女性のイメージがつきまとっているようだ。

     タピオカを巡っては5月終盤に、とある人が「厨房におじさん居てちょっと嫌だった」とツイッター上につぶやき、実際に店舗で働いていた男性が「ちょっと反省します」とツイートしたことが話題となった。

     30代社会人Bさんは、上記の投稿を見てから

      「女子はそう考えてるのかなと思うとコンビニですら買いづらい」

    と吐露した。

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000001-jct-soci

    ★1がたった時間:2019/06/22(土) 15:36:14.44
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561185374/


    【【タピオカブーム】実は密かにタピオカ食べてみたいオッサン達www】の続きを読む


    うまい棒うまいぼう)は、株式会社やおきんが日本で販売している棒状のスナック菓子。製造はリスカ株式会社。標準小売価格は1本10円(消費税別)。1979年7月発売開始。 なっとう味、めんたい味など種類が豊富でユニークなフレーバー(味)があり、値段も安価なことから子供や若者を中心に人気のある駄菓子である。



    (出典 shop17-makeshop.akamaized.net)



    1 ガーディス ★ :2019/06/23(日) 09:16:57.52

    「うまい棒」はなぜ40年間ロングセラーを続けられたのか
    2019.06.23 07:00

    ロングセラーを続ける“10円駄菓子”の「うまい棒」が今年発売40周年を迎えた。
    「チーズ」や「カレー」といった定番に加え、いまでも毎年1~2種類の新しい味を生み出しているのは、うまい棒ほかスナック菓子の企画・販売を手掛ける株式会社やおきんだ。
    なぜ、うまい棒は40年も不動の人気を保つことができたのか──。社長の角谷昌彦氏(55)に、これまでの歴史や苦労を振り返ってもらった。

    ──うまい棒は1979年に「ソース味」「サラミ味」「カレー味」を発売したのが最初ですね。

    角谷:はい。私はまだ高校生でしたが、父親がそれ以前からスナック菓子の開発に携わり、新しい味の駄菓子を作ろうと試行錯誤していました。

    当時、コーンスナックはすでに「カール」(明治)なども発売されていましたが、どれも定番の味は「チーズ」か「カレー」だったので、
    少し変わった味付けにしたいと開発したのが「ソース」や「サラミ」です。棒状にしたのも当時は珍しかったです*。

    ──子どもの時に「サラミ味」を食べたときの感動は今でも覚えています。

    角谷:先代は、サラミなんて大人のツマミだから受けないのでは? と思ったり、1982年に発売した「めんたい味」も、辛めの味付けだったうえに、
    めんたいこ自体が関東ではまだ知られた食べ物ではなかったので、本当に売れるのか半信半疑だったそうですが、
    実際に発売したら子どもたちが喜んで食べてくれたので、非常に嬉しかったと聞いています。

    ──いま、うまい棒の人気ベスト3は、1位=コーンポタージュ味、2位=チーズ味、3位=めんたい味だそうですね。

    角谷:その時代によって消費者の好みも変わるので、定番になる味を出すのは簡単なことではありません。
    でも、いつも定番ばかりに頼っていると、一度飽きられてしまえば終わりなので、常にいろいろな味に挑戦しながら定番を改廃させていく形も必要だと思っています。

    ──うまい棒のヒットの要因のひとつは、なんといっても発売以来「10円」という値段を変えていないことにあると思います。

    角谷:そこはとても苦しいご時世なので、あまり強調してほしくないのがホンネです(苦笑)。

    これまで「安くておいしい駄菓子を作る」というコンセプトを基本ベースに、うまい棒であれば味と香りをつけるシーズニング工程でも決して妥協せず、
    製造元のリスカさんと一緒になって味の改良を重ねていけたからこそ、高品質と低価格を維持できています。

    10円という価格を守り続けてきた裏では、コツコツと工場の設備投資でオートメーション化を実現したり、
    配送コストを少しずつ削減させたりするなど、地道な効率化やコストダウンも図ってきました。

    しかし、いまはコーンや油など原材料のすべての価格が上がっていますし、運送費も上がっています。10月には消費税も上がりますね。
    これからも製造メーカーや原料メーカー、運送会社など、製造にかかわるすべての人たちの協力をいただき、
    できる限り10円で頑張りたいと思っていますが、厳しい状況に変わりはありません。

    私は“駄菓子は日本の文化”だと思っていますので、この文化を絶やさぬよう、各協力工場さん、販売店さん、そして消費者の方々とも一緒に小物菓子の市場を守っていけたらと思っています。

    全文
    https://www.news-postseven.com/archives/20190623_1396994.html

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    【【悲報】安くて支持されてきた「うまい棒」が値上げ予告www】の続きを読む

    このページのトップヘ