画像は公式サイトをキャプチャ

ファッションサイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは5月13日アルバイトを新たに2000人採用すると発表した。給料は従来の1000円から、週4日以上勤務なら3割増の1300円となる。

今回募集するのは物流倉庫「ZOZOBASE」の商品管理アルバイトで、勤務先は千葉県習志野茨城県筑波勤務の2拠点。都心から少し離れた地域であるため、前澤友作社長が募集を呼びかけたツイートのリプライ欄では「近くだったら働きたかったです」と言った声が寄せられた。

これに対して、前澤社長は「働きたいけど遠いからこっちにも倉庫作って、って言ってくるような人は、仮にそっちに倉庫作っても採用されないと思うよ」とツイートし、物議を醸している。

バイトにどれほどのモチベーションを求めるの?「本人次第かと。求めるものではなく」

前澤社長は今回のバイト募集について、ツイッターで「夢叶えるために正社員は無理だけど、バイトしながら頑張りたいって人たくさんいます」と投稿していた。自身も学生時代にバイトをしてスタジオ練習をし、バンドデビューできたとして「皆さんが好きなことを仕事にできますように」という。

これに対して、前述の「近くだったら働きたかった」といったリプライが相次いだ。前澤社長はその考え方に異議を唱える形で「採用されないと思う」と投稿したとみられる。これに続いて、前澤社長は、

「当時のバイトは時給800円だったけど、それでもいいからって、中には家族連れて引っ越してきたようなスタッフもいました。そんなメンバーが集まって作ったのがZOZOTOWNです。そしてそんなメンバーの中には現在の幹部社員もたくさん含まれてます」

と説明。「待っててもチャンスは来ない。行動するもしないも自分次第。ってことです」と投稿した。リプライで「アルバイトにどれだけのモチベーションを求めているのか」と問われると、「モチベーションは本人次第かと。求めるものではなく」と回答している。

一方、「倉庫作るのは簡単じゃないけど、カスタマーサポートのような職種は在宅ワークもできるようにしていきたいです」と展望も語った。対象は育児中の元アパレル販売員などで、自宅で「お洋服好きを活かして働ける仕組み」を模索しているという。前澤社長は「興味ある方はRTお願いします」と呼びかけた。




(出典 news.nicovideo.jp)

株式会社ZOZO(旧名: スタートトゥデイ)は、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWNを運営する日本の企業である。 1995年 - 前澤友作が創業、洋楽のCDやレコードの通信販売を行う。 1998年05月 - 有限会社 スタート・トゥデイとして法人化(当時の本社は東京都江戸川区)。


行きたい人だけが行けば?
(* _ω_)…アヒョ

<このニュースへのネットの反応>

じゃあ新幹線の通勤手当だしてみろや


つまり都合よく使い捨てられるやつを募集ってことね。それでもこの時給に釣られるやついるんだろうなー。


なんか言い包める説明にしか見えないな。ツイッターでお金ぶら下げて釣ってるし胡散臭い


ごもっとも。だがそれを理解できない人がたくさんいるのが現実。


時給1300円のために引っ越す奴がいたら見てみたいわ


喋るたびに評価を落とす社長…あれ、コイツいらないんじゃね?


長距離通勤でしかもピッカーってやりたい人いるんか…


「ただのバイト募集だけど、どんな苦行にさらされようと幸せを感じられる人だけ来い」って事か。竹中平蔵の作った世界はほんと地獄だな。


ブラック認定も近いな。


ワタミ?


「当時のバイトは時給800円だったけど、それでもいいからって、中には家族連れて引っ越してきたようなスタッフもいました。そんなメンバーが集まって作ったのがZOZOTOWNです。そしてそんなメンバーの中には現在の幹部社員もたくさん含まれてます」>創設時の時だけの採用レベル。今の企業規模では不可能。


これ典型的な「働かせてやってる」ってやつだよね。やってもやめる奴増えるよ、だれもそこで働きに行くための交通費を稼ぎに行かないわ、バイトに何求めてるんだ。勘違いしてる経営者って本当にいるんだな


本当に渋々賃上げしたのが見え隠れするなあw


立ち上げ当初なら兎も角、安定期に来る人材のモチベなんぞそんなものです。なので基本的に使い捨てにするのが一番いい。


どこにどのような形で募集したんだwまさかTwitterで全世界に向けて募集したのか・・?


有象無象に煽られて、公式twitterでレスバする上場企業社長の図。いい年して煽り耐性0なのは、他人事ながら心配になる


まあ、働かない奴はどんな条件だろうと働かないし


「近くだったら働きたかったです」=「金積まれてもてめえんとこで働かねーよwバーカw」だと思ってた