気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬



    日本ノーダメージwwww
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 豆次郎 ★ :2019/07/12(金) 13:29:30.54

    中国の映像メディア・梨視頻は10日、「日韓の矛盾が引き続きエスカレート」と題し、韓国人ユーチューバーの男性が仁川国際空港で日本行きの航空券を破り捨てる動画をアップしたことを伝えた。

    男性は8日にアップした「135万ウォンの日本行きチケットを破りました。本当の不買運動とはこういうことだ」と題する動画の中で、実際に航空券を破って見せ、カメラに向かって投げ捨てた。男性は「1カ月前に日本に行く計画を立てた。ホテルも航空券も予約した。だけど、1日に日本が韓国に対して“経済報復”を宣言した後、よく考えて気付いた。行ってはいけないと。航空券もホテルもキャンセルは不可だけど、それでも行かない」などと語り、最後にハンディー掃除機で床に散らばった航空券の切れ端を集めた。

    この動画は11日午前現在、16万回余り再生されている。コメント欄では、「かっこいい」「応援する」「愛国心に拍手」「日本旅行に行かないことが日本にとって一番のダメージになる」など、男性を支持するものが大半となっている。

    梨視頻はこのほかにも、韓国国内で日本製品ボイコットが過熱していること、学生団体が9日にソウル市内にある三菱重工系列会社の事務所前でデモを行ったことなどを紹介し、「韓国市民の反日感情が高まっている」と伝えた。

    韓国国民の過激な反応に対し、中国のネットユーザーのコメントで最も多くの共感を集めているのは「日本が戦時中に中国に残した傷は深いが、中国は韓国のこうした過去を蒸し返すようなやり方をまねるべきではないと提言したい」というもの。また、「東アジアの3カ国の問題の処理方法はそっくり」「韓国の方がより好感が持てない」「見たら笑ってしまう」「かつて私たちも同じようなことをしていた。今ではずいぶん理性的になった」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/北田)

    https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=728831&ph=0&d=d0052

    (出典 img.recordchina.co.jp)


    動画

    (出典 Youtube)


    ★1がたった時間:2019/07/12(金) 10:43:21.25
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562899263/


    【【不買運動】135万ウォンの日本行きチケットを破る韓国人YouTuber】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    7payがショボすぎるだけwwwww
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 サーバル ★ :2019/07/12(金) 11:54:56.95

     日本にはすでに「Felica」という非接触ICカード技術のインフラを利用した電子マネーサービス(「Suica」「iD」「楽天Edy」「nanaco」など)が浸透していた。一方、今回は手軽さ、特に決済店舗側のシステム投資が少ないということと、消費増税の負担感軽減を狙う政府によって「ポイント還元インフラ」としての機能が評価され、QRコード決済は小規模な小売店舗のキャッシュレス化の切り札と期待された。

     こうした中、ソフトバンクやLINE、メルカリなどに続いて、国内リテール大手のセブン&アイ・ホールディングス(以下セブン&アイHD)傘下のセブン・ペイは、いわば満を持して7payをローンチさせた。自ら「社会インフラ化している」と公言するコンビニチェーンの最大手を擁する同グループとしては、失敗は許されない事業だ。
    https://www.sbbit.jp/article/cont1/36680

    pay騒動の末改めて持ち上がるSuica最強説

    育良啓一郎 ∈ SCP-JP @ikr_4185
    ナニPayの件、あれみてると逆にSuicaがあまりに高速簡便強固すぎて化物システムに思えてくるというか事実アレは化物システムだよなSuica どうなってんだアレ
    2019-07-04 09:40:44

    銀色@SCP財団 @scp_voiceD
    @ikr_4185 Suicaは事前の準備がかなりすごいプロジェクトで、中国の電子マネーもみんなこれを参考にして事故防止出来ました!って語ってるくらい画期的なんですよね
    それをブームだからとさらにパクって事故る日本企業……
    2019-07-04 09:46:42

    https://togetter.com/li/1372997

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562892567/


    【【決済】7pay騒動の末改めて持ち上がるSuica最強説wwwww】の続きを読む



    (出典 photosku.com)



    1 田杉山脈 ★ :2019/07/12(金) 16:37:12.04

    Lマウントのフルサイズミラーレスの開発を発表していたシグマから大きなニュースが届いた。2019年7月11日、世界最小・最軽量を謳うフルサイズミラーレス「SIGMA fp」が突如発表になったのだ。発売日(今秋以降を予定)や価格は未定だが、思い切った仕様を採用することで、フルサイズながら手のひらサイズのコンパクトボディを実現した、注目度の高いカメラとなっている。今回発表になった情報をもとに特徴を紹介しよう。

    SIGMA fpは、ライカ、パナソニック、シグマの3社による「Lマウントアライアンス」に基づいて開発されたフルサイズミラーレス。Lマウントを採用し、ライカやパナソニックのLマウントレンズも使用することができる

    ユーザー本位で開発された「まったく新しいシステムカメラ」
    まず、今回発表になったSIGMA fpのコンセプトを見ていこう。シグマ初のフルサイズミラーレスということで「高性能・高機能を追求したカメラ」を想像するかもしれないが、SIGMA fpは、これまでのフルサイズミラーレスにはなかったようなコンセプトで開発されたカメラとなっている。

    シグマは、用途やシーンに応じて高性能なレンズ交換式カメラとスマートフォンを使い分けるようになった現在の撮影や表現をとりまく環境から、「デジタルカメラそのものの本質的な価値」を問い直すことを考えてSIGMA fpを開発。メーカー発想のカテゴリーやヒエラルキーに合わせるのではなく、より柔軟でリアルな「カメラのありかた」を反映した、「使うひと本位のデジタルカメラ」を目指したという。「ポケッタブル・フルフレーム」「変幻自在の拡張性」「本格的で自在な撮影性能」という3つのコンセプトを掲げ、本当に必要な要素や機構だけを吟味し、「今シグマが提案できるまったく新しいシステムカメラ」になっているという。

    「ポケッタブル・フルフレーム」のコンセプトを特に具体的に示しているのが、驚くような小型・軽量ボディを実現していること。発売日が決まっていない製品ではあるが、SIGMA fpは2019年7月現在でフルサイズミラーレスとして世界最小・最軽量を達成している。そのサイズは112.6(幅)×69.9(高さ)×45.3(奥行)mmで、重量は422g(バッテリー、SDメモリーカードを含む)。キヤノン「EOS RP」(幅132.5×高さ85.0×奥行70.0mm、約485g)、ソニー「α7」(幅126.9×高さ94.4×奥行54.8mm、約474g)と比べてもひとまわり小さくて軽く、コンパクトなAPS-Cミラーレスと変わらないサイズ感なのは驚きだ。

    (出典 img1.kakaku.k-img.com)

    https://kakakumag.com/camera/?id=14094


    【【カメラ】シグマ初のフルサイズミラーレス「SIGMA fp」が突如発表! 世界最小・最軽量を実現!】の続きを読む

    このページのトップヘ