気になる話題の宝庫

気になる話題の宝庫は、皆様の気になる話題や
タメになる話題等のネットの皆さんの意見を
まとめながら管理人が感想を楽しく呟きます。。
気に入って頂けたらフォローも宜しくお願いします~♬
記事のリクエストもどうぞ、お気楽に~♬



    (出典 www.sankei.com)


    お坊ちゃまに庶民の気持ちが分かる訳有りませんわ
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/06/14(金) 19:14:55.47 ID:tEDZJgXk9.net

    麻生氏、年金受給記憶ない「秘書に任せている」

     麻生太郎金融担当相は14日の衆院財務金融委員会で、自身が年金を
    受給しているかどうかについて「秘書に任せている。任すと言った以外、
    正確な記憶がない」と述べた。立憲民主党の大串博志議員の質問に対する答弁。

     麻生氏は、質問が通告にはなかったと弁解。その上で「年金がいくら入って
    くるか心配したことがあるか、自分の生活として心配したことがあるかというと
    ございません」とも話した。

     大串氏は「さすがに通告しなくても即座に答えると思って聞いた。
    自分の年金がいくらになるのかみんな考えている」と追及した。


    一般社団法人共同通信社(2019/6/14 16:57)
    https://this.kiji.is/512167735066936417?c=39546741839462401

    衆院財務金融委員会で答弁する麻生財務相=14日午後

    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    【【他人事】麻生太郎財務「自分の年金、気にした事ありません!( ー`дー´)キリッ」】の続きを読む



    (出典 www.pref.kyoto.jp)


    警察官を見たら詐欺師と思え!
    …のポスターいるな
    ヽ(・ω・)/ズコー

    1 次郎丸 ★ :2019/06/15(土) 17:21:44.40

    京都府警巡査長、特殊詐欺対策で知り合った高齢者から1千万円超詐取か 詐欺容疑で逮捕へ
    2019.6.15 10:39
    https://www.sankei.com/smp/affairs/news/190615/afr1906150006-s1.html

     京都府警の警察署に勤務する30代の巡査長の男が、特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取った疑いがあるとして、府警が詐欺容疑で巡査長を任意同行したことが15日、捜査関係者への取材で分かった。府警は巡査長を聴取し、容疑が固まり次第逮捕する方針。

     捜査関係者によると、巡査長は伏見署管内の交番に勤務していた昨年秋ごろ、金融機関から、「男性が多額の現金を下ろそうとしている」との通報を受けたことをきっかけに男性と知り合った。


     この際、巡査長は男性宅に多額の現金があることを把握。その後、男性に対し「こっちで現金を預かっておく」と虚偽の説明をし、2回にわたって計約1100万円を男性からだまし取った疑いが持たれている。

     巡査長は外貨投資を行っていたとの情報もあり、だまし取った現金はこの投資で生じた損失の穴埋めに用いられた可能性もあるという。

     オレオレ詐欺や架空請求詐欺といった特殊詐欺の被害者の多くは高齢者で占められている。警察では被害防止対策として、高齢者を中心に高額の払い戻しがあった場合は、積極的に声掛けをして注意喚起をしたり、警察に通報したりするよう金融機関に求めている。


     巡査長は今春の定期異動で府内の別の警察署に異動。その後、巡査長から連絡がないことを不審に思った男性が前任の交番に連絡して発覚した。


    【【京都府警】巡査長、特殊詐欺対策で知り合った高齢者から1千万円超詐取か 詐欺容疑で逮捕へ】の続きを読む


    あらゆる事態を想定するのだ!
    ヾ(o´▽`)ノ ハーイ☆

    1 おでん ★ :2019/06/15(土) 17:38:14.45

    誠文堂新光社は6月17日、「民間人のための戦場行動マニュアル」を発刊します。
    本書は、戦場で起こりうるさまざまなリスクに対して
    一般人の私たちがどのように対処したらよいのかを解説した「サバイバルマニュアル」です。
    一部に日本を例とした記載はあるものの、内容は架空の戦場を想定しています。

    ・ナイフを持っている相手にどう対処する?

    著者は自衛隊のサバイバル教官で、一般社団法人危機管理リーダー教育協会の川口拓氏です。
    本書は、開戦前に私たちがするべき準備から始まります。
    ナイフや銃を突き付けられたら、ミサイルが飛んで来たら、空爆が起きたらなどシーン別に解説しています。
    敵軍に上陸され占領されてしまったり、捕虜になってしまった場合の生き延びるノウハウも満載です。

    万が一の事態になったとき、自分自身や大切な人を守りたいとき、きっと役に立つでしょう。
    定価は1500円(税抜)。Amazon・楽天ブックスをはじめ、全国の書店などで購入できます。

    本の写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    https://news.livedoor.com/article/detail/16621420/


    【【戦争になったらどう生き残る?】一般向け戦場のサバイバルマニュアルが発売 】の続きを読む

    このページのトップヘ